「音が良い」は人それぞれだけれど……

    *追記10/11:
    以下本文に〝PA的な音〟と言う言葉を使っているが、自分の意図した意味では伝わりにくかったどころか、誤解を招く可能性が高いとわかったので、同じカテゴリー内に補足記事を記した。それも合わせて読んでいただきたい。


    タイミングとしては前回の流れを受けて、ちょうど良いのかなと思えた話題を。

    それは、オーディオ雑誌「ステレオ」誌が90年代に選んでいた年間最優秀録音盤あるいは優秀録音盤についての経験談・失敗談とでも言えば良いか。

    続きを読む

    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : 良い音 音質 オーディオ 空間 再現

    「音が良い」は人それぞれ パート3 音量

    このところゆっくりと『Art Pepper meets the rhythm section』の各種CD、SACD、BD-A、LPを聴いている。

    残念ながらAnalog productionsから出たSACD/CD盤だけが行方不明なためそれ以外を聴いているのだが、以前Amazonレビュワーの音質高評価に釣られて購入した通称〝赤シャツ〟CDがどうして高評価だったのか、なんとなくわかった。

    APMRS17oct (14)
    *5種類のCD、上(左:K2、右:赤シャツ)、下(左からビクター初版、Ojc、XRCD)

    続きを読む

    テーマ : オーディオ
    ジャンル : 音楽

    tag : Art Pepper Meets the rhythm section 音質 CD

    Pet sounds のアナログ盤 45回転2枚組

    先日、BeatlesのUSB boxを聴いて「これが手に入るデジタル音源の最高音質なのか」と思った。

    長年の期待が膨らみすぎていたこともあり、予想していたほどに高音質に思えなかった。うまい言い方が見当たらないが、なんと言うか〝音質の天井が見えてしまった〟気がした。もうこれ以上はないのだから、さらに高音質を追求するには機器をグレードアップするしかない、と。

    実は同じような印象を(その前に)持ったのがこれ。

    PetSounds45s (17)
    *2枚組なので見開きジャケット、表裏はコーティングあり

    Analog Productionsから発売された45回転 2枚組の『Pet Sounds』モノラル盤。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Pet sounds LP アナログ レコード ペット・サウンズ ビーチボーイズ Beach boys

    THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST 50周年盤

    Rolling Stonesの67年のアルバム『THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST』も50周年盤が登場。

    SGT50周年remix同様、こちらもすぐに予約を入れていたので先日届いた。でも、こちらはremixではないので、がっかりさせられることはない。

    TSMRRS50 (21)
    *50周年の2LP+2SACDのセット

    しかし、手持ちのLPやSACDを振り返ると、僕にはだぶりが多く、懐具合からすると購入は判断ミスだったかも(苦笑)。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : RollingStones ローリングストーンズ THEIR SATANIC MAJESTIES REQUEST 50周年盤

    Beatles デアゴ盤LPに対する反応が興味深い

    この話題、何度も記しているので、今さら耳タコかもしれないが、お許しを。

    デアゴスティーニから正式に発売されたBeatlesのLPレコードシリーズは、単純に言えば2012年にボックスセット(と単品販売)で登場した欧州・米国プレスの置き換えにあたるものだ。大本のマスターは、英国Abbey road studioで制作された2009年のデジタルリマスター音源。つまり、本家本元のオリジナル音源だ。

    これに対して、購入者・あるいは未購入だけど興味ありの方々がネットでいろいろと反応している。それを読むとなかなか興味深いものがある。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ レコード LP デアゴ デジタルマスター

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR