旧CDマスター使用の『White album』英国DMM盤

    先日のDMM盤に関連する話と言えなくもないが、この話題は以前、どなたかのところで見た記憶がある。なので、マニアにはそれなりに知られた話かも。
    それは、旧CDマスターを使用してプレスされた英国盤『White album』のこと。ちょっと困った?プレスなのだ。

    beatlwhite0506 (20)
    *リンゴ印なしが初期プレス

    発売当初はジャケット裏面にAppleのリンゴ印がない。その後、リンゴ印ありへ移行(ほかのタイトルも同様)。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ 英国盤 LP DMM 旧CDマスター

    Beatlesの国内DMM盤

    *5/4追記:『Past masters(2枚組)』に関しては、英国盤ジャケットに他のアルバム同様の〝DMM盤である旨の記載〟は無かった。なので、国内盤にも記載なしと思われる。
    参考情報として、(おそらくドイツプレスと思われる)欧州盤のジャケット裏にはDMMのロゴマークとTeldec社の技術であることが記されており、レーベルにもDMMロゴが入っている(つまり、DMM盤)。


    旧CDマスターを使用してプレスされたBeatlesのLP(*注1)は、ジャケットにDMM盤であることが記載されているけれど、国内盤LPは英国ジャケット版下を利用しただけでDMMプレスではない。

    BeatlesDMMCDM (3)
    *四角い枠内に

    注1:1992年にTOJP型番で発売されたシリーズのこと、但し『Past masters(2枚組)』だけは、CD発売後間もなく初版LPが発売された(TOJP以前の型番が存在する)

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ 国内盤 LP DMM CDマスター

    Strawberry Field Forever/Penny Lane 英国シングル他

    RSDシングル購入後、手持ちの「Strawberry Field Forever/Penny Lane」もひっぱり出して聴いていた。それ以外の通常シングルや仏日のEPなども。
    但し、シングルボックス収録の盤は聴いておらず。

    まず、英国ピクチャースリーブ入りシングル。

    SFF2017 (18)

    プッシュアウトセンターの英国シングルで、「SFF」のマトは-1。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Beatles ビートルズ レコード シングル盤 RSD ストロベリーフィールズ

    Strawberry Fields Forever/Penny Lane 2017RSDシングル

    金曜日に急遽東京出張となり、さすがに日帰りは避けられたが、土曜の昼過ぎの便で戻る必要があった。

    土曜朝オープンしてすぐの某DU店での手持ち時間はたったの15分ほど。朝から混んでいたので、人が少なめの新品コーナーを見ると、このレコードが当日発売となっていた。

    再発「Strawberry Fields Forever/Penny Lane」シングル。
    SFF2017 (4)

    RSD商品とのこと。輸入盤の国内仕様盤を購入、輸入盤は税別1800円だったか?ほとんど差がなかった。

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : RSD レコードストアデイ Beatles ビートルズ ストロベリーフィールズ

    続Deagostiniから発売されたBeatlesのLP

    昨日の続きで、今回は補足と推測を。

    まず、今回僕が購入したDeagostiniから発売されたBeatlesのLP『Sgt.Pepper’s…』は、既発のJazzコレクションと同様、国内仕様版。つまり、LPが輸入盤である以外は、国内で作られ販売されている商品だ。英国版を輸入したものではない。

    DeagoSgtP (19)
    *冊子の中はこのように日本語

    続きを読む

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Deagostini デアゴスティーニ LP レコード ビートルズ Beatles

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR