Boys, Boys, Boys

    近々、英国AceからCDで再発されるLesley Goreの『Boys, Boys, Boys』は、彼女の3枚目のアルバムで1964年4月の発売。

    boysboysboys (5)
    *米国オリジナルMONO LP、ジャケット表はコーティングありで美しい

    このジャケットデザインはLesley Goreのアルバムの中でも僕の好きな1枚だ。


    Lesley Goreは1963年4月、16歳の時に放ったデビュー曲「It's my party」が全米No.1ヒットとなり、一躍シンデレラガールとなったことは皆さんご存知の通り。

    デビュー曲から数えて4枚目のシングルまで(63年4月~63年12月発売まで)全て、全米Top5内にランキングされるほどの大人気だった。

    けれども、それ以降は64年に始まったBritish invasionの煽りを受け、最初の1年ほどのヒットを続けることができず。但し、1963年当時に米国のteenagerに受けた米国歌手・米国グループは、(ほんの一部を除き)64年にはかなり苦戦を強いられることになるので、それはLesleyに限ったことではない。

    boysboysboys (12)
    *ジャケット裏面

    実際、『Boys, Boys, Boys』の次に発表した4枚目の『Girl Talk 』は、Lesleyと彼女のproducer teamが、British invasionの波に対応した作品という認識でいる。まぁ、あくまで僕の考えであって、実のところは知らないが。

    それに比べ、『Boys, Boys, Boys』は、まだまだ63年の流れを汲む作品あるいは、64年対応への過渡期と言える作品だ。

    楽曲の出来はどれも良い。それはレコード会社やproducerの力の入れように手抜きが無いことを示している。

    boysboysboys (15)
    *こちらはステレオ盤、内袋から判断すると65年以降のプレス、コーティングなし

    とは言え、全12曲中、7曲は64年3月の新しいセッションでの録音曲だが、残る5曲は過去録音しストックしてあった未発表曲と既発のシングルB面曲などを混ぜたもの。
    最初期の録音からさえ使われているあたり、マーケットの流れを察知して、今出さないと今後出せなくなるかもという考えが働いたのかもしれない。何せ、Pop musicは流行ものだから飽きられたらそれまで。売れるうちに売る。それがアメリカ式。

    ただし、初期録音だろうが未発表だろうが、クオリティが低いわけではないので、そこはさすがと言うところ。

    残念ながら米国オリジナルLPの音質は、同じ曲をBearFamilyからのCDと比較すると、お世辞にも良いとは言えない。
    2世代ぐらい音が違うような気がする。

    けれども大音量で再生すると、A1~A3などで聴けるバッキングのステレオ空間はオーディオ的にはとても面白い。きっと演奏は一発録音でステレオ収録したのだろう。ところどころ歌の吹き込みの際にマイクを吹いていることによる空気の揺れもリアル感がある(オーディオ的にはノイズなのだが)。

    boysboysboys (22)
    *Mono/Stereoでレーベルデザインに大きな違いは無い


    Lesley Goreの60年代のLPは10年ほど前に全て集めたと思っていたのだが、実は1枚欠けていたことを一昨年初めて知った。それを探しているうちに去年ご本人が亡くなってしまった。

    個人的に好きなアーティストだったので、今も残念なのだが、今後作品を少しづつ紹介していきたい。LPもCDもそれなりに持っているので。



    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Lesley Gore レスリー・ゴーア 米国盤 レコード girlpop

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR