In London for tea

    少し前に、Peter and Gordonの米国での中後期のアルバムから『Knight in Rusty Armour』を紹介したが、その次のアルバムも同様にお勧めなので、紹介しないのは片手落ちに思えていた。

    このアルバムも、出来の良い作品だと思っている。
    Tea cupがジャケットデザインの『In London for tea(1967)』(T2747/ST2747)

    PAGILFT1 (8)
    *左:Mono、右:Stereo



    あくまで主観だが、このアルバムは『Knight in Rusty Armour』よりも数多く目にしたので、より多く売れたのかな?と推測している・・・・・・事実は知らないが。だから、手に入れた時期も早かった。

    購入当時から長い間、『Knight in Rusty Armour』よりも前のアルバムだとずっと思い込んでいた。それは、目にする頻度とジャケットデザインゆえに勝手にそういう印象を抱いていたわけだが。
    でもよくよく考えると、収録されたシングル曲「Sunday For Tea」は同じくシングル「Knight in Rusty Armour」よりも後のリリースだったので、順序が逆だったと気付いた。

    PAGILFT1 (2)
    *ジャケット裏面(左右順序は上と同じ)

    いずれにせよ両者共に、カバー曲をそれなりに含みながら、popアルバムとしてうまくまとまっている印象を受ける。楽曲での緩急のつけかたもわかりやすいし。

    PAGILFT (5)
    *個人的にはStereo mixの方が楽しめる

    66年の「Lady Godiva」から67年の「Sunday for tea」までの3枚のシングルは、、どれも優れたポップソングで、この3曲を連続で聴くとまるで一つの流れがあるように思えてしまうほどに聴き心地の良さを感じてしまうのだが、それを期待してアルバムを聴くと、残念ながら『Lady Godiva (1967)』だけは外れた気がする。
    『Knight in Rusty Armour』と『In London for tea』は、どちらも聴き終わったときに満足感を覚える内容だ。

    『In London for tea』を聴いて気がつくのは、同じ英国出身のグループのカバー曲が目に付く点。
    「You've Got Your Troubles」Fortunes
    「Stop look and listen」Wayne Fontana & The Mindbenders
    「Goodbye my love」Searchers
    あるいは、珍しく?Elvisのカバーが入っていない点か(笑)。

    PAGILFT (1)
    *Mono盤


    この2~3週間、久しぶりにPeter and Gordonの中後期の米国アルバム『Woman』~『In London for tea』の4枚を聴いていたが、一時のGordonのボーカル(あるいは楽曲のサウンド作りの狙い)は、当時英国で人気を集めたWalker Brothersに対抗するかのようなものがあったことに初めて気付いた。

    なお、『In London for tea』までMono/Stereoで発売されていたが、長らく聴いていなかったので、両者のミックス違いについては何とも言えず。

    最後に、ラストアルバムの『Hot cold & custard』も悪くないアルバムだと思った記憶があるが、手に入れた当時に数回聴いたのみ。
    今回探したら出てきたので、内容が良ければいつか紹介したい。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : レコード 米国盤 ピーターアンドゴードン mono stereo Peter Gordon

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR