The Woodstock Experience/Sly and the Family Stone

    聴きたい時に手元に無いと言うのは、結構きつい。
    去年初登場したSly and the Family Stoneの1968年の Fillmore East でのライブ盤(CD4枚組)をすぐに買ったものの、忙しくて聴けない状態が続き、その後どこにしまったのかわからなくなり・・・・・・代わりに持っていなかったWoodstockでのライブ盤を買ってずっとしのいでいる(苦笑)。

    SLANFASTWDSK (4)
    *名盤『Stand』とセットになった2枚組



    Woodstockでのライブ盤のシリーズは2009年の発売当時Janisのみ購入しただけだった。
    Sly and the Family Stoneのライブがどうしても聴きたいという感覚は、昨年、現在行方不明のCDを買ってからだ。

    SLANFASTWDSK (8)
    *箱の中にポスターと2枚の紙ジャケットCDを収納

    ある意味代打的に購入したWoodstockでのライブ盤を聴くと、これは是非全曲の映像を観たいと思わせられる。完全にはまってしまった。
    聴き始めて以来、かなりの頻度で聴いている。

    何よりも演奏曲が良い。1時間ほどのステージで演奏される曲は彼らのベスト盤で聴ける曲ばかり。
    つまり有名曲ばかり。

    スタジオ版でも十分に熱気を感じる(僕が特に大好きな)「Dance to the music」がライブではさらに凄い!素晴らしすぎる!
    これを生で観たらノックアウト間違いなし。

    SLANFASTWDSK (11)
    *ポスターは両面印刷

    ところで、理由は不明だがWoodstockの映像版は何度かリニューアルして収録曲・収録アーティスト数が増えたにも関わらず、Sly and the Family Stoneに関しては、同一の演奏しか観たことがない。
    僕の知っている最後の情報は40周年記念盤なので、それ以降、もし新たに発表されているなら是非観たいものだ。

    SLANFASTWDSK (14)
    *ポスター逆面

    さて、このWoodstockのライブ盤CDで面食らったのは、CD盤面が入れ替わって印刷されていたこと。
    最初『Woodstock』盤から取り出して再生して「Stand」のスタジオ盤が流れて「嘘だろ!」と思った。まさか2枚ともアルバム『Stand』のCDが入っていたらどうしよう?と不安になった。

    けれども、『Stand』のCDを再生すると、こちらがWoodstockのライブ盤だった(苦笑)。
    おかげで次の写真ように、見かけ的におかしな組み合わせが正しいことになる。

    SLANFASTWDSK (15)

    もしかすると、僕が購入したCDと同時期プレスのみこのような不良品なのかもしれないが。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Sly and the Family Stone Woodstock Stand

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR