宅録あるいはDTMについて 9/ 間奏までは終わりかな

    なかなか進まない(苦笑)一人多重演奏+打ち込み録音による楽曲制作。
    その理由の一つが、リハビリを兼ねた自分の楽器演奏技術によるもの。
    つまり何度も失敗して最初からやり直しになってしまう点。
    残念ながらこれだけはどうしようもない。

    tuner (3)
    *今回の内容とは関係ないが、このチューナーのおかげでとても助かっている




    今回アップした音源は基本的には従来同様、間奏の終わりまで。
    ようやく間奏にギターを追加した。2本聞こえるのは、2週間ほど前に仮で弾いたものが背後に残っているから。

    今日追加した目立つ方のギター、実はこれを弾くのに1時間くらいかかった。そんな状態。
    その1時間には、レコーダーのPlay/StopやRewindとモニター確認も含まれるから、演奏時間はその半分ほどかもしれないが。

    どういうフレーズで弾くか、前半部分は決めていたが、後半は今回弾きながらいろいろと思いついたものから練り上げた。その練り上げ時間までも含めると、録音スタンバイしてから終えるまで全部で二時間くらいかかった。
    かかりすぎだ!(苦笑)

    今回はちょっとバリエーションを変えて、コーラスなし、メインボーカルを10db下げて、半インスト状態でアップした。これだと打ち込みピアノのフレーズがよくわかる。前回とはBメロ部分のミックスを変更した。
    http://twitsound.jp/musics/tsp32Y6J4


    この後の展開として、また思いつきを試すことにし、現在既にそのバッキング部分を半分ほど録音済み。失敗するとコミックバンド風になってしまうので慎重に進めているところ(笑)。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR