The WhoのHull公演

    Live at Leeds40周年ボックスに、この度初収録されたHull公演は、Leeds公演の翌日、1970年2月15日の公演を録音したものだ。

    付属のライナー本によると、この日の演奏はLeedsほどではなかったものの非常に良い演奏だった(Leedsは格別に良かった)とのことだが、技術的なトラブルで冒頭6曲分のベースの音が録音されておらず、これまでリリースに至らなかったとの話。

    ところが同じくHull公演をおさめた海賊版が10年ほど前に発売されている。
    ベースが録音されていなかったとされる曲がちょうどうまい具合に収録されているのだ。
    whohull (2)

    このBootは、最初の13曲目までは1969年11月のワシントンDCでの公演、14-18までがHull公演、残る1曲は別音源となっている。そして、全てサウンドボード収録のステレオ音源。ただし、ワシントンDCの曲は全体的にピッチが速く、半音ほどKeyが上がって聞こえる。ピッチを修正し、イコライザーで音を補正すればかなり良い音で聞ける。
    whohull (3)

    問題のHull公演だが、実はこのBootではベースもしっかりと録音されている。
    whohull (4)
    サウンドボードとは、通常はライブ会場でミキサーがPAに送る音を録音したもの。ただし、このBootに収録の音源は本当にサウンドボードなのか、あるいは、ライブレコード製作用に8トラックで正規録音されたもののラフミックスなのかわからない。当時のWhoは69年の全米公演を全てライブ盤製作用に録音していたことは知られている。しかし、録音テープがあまりに膨大になりすぎて全てを聴いていられず、その結果70年2月14日のLeeds大学での演奏を録音してそれをライブ盤制作に使おうとしたことは有名な話。その時に翌日のHull公演も録音されていたわけだ。

    さて、今回の40周年ボックスにてオフィシャルとしては初登場となったHull公演とBootを聞き比べると、なんてことはない、演奏が違っている。つまり、Bootに収録の演奏はHullの公演ではなかった。そのため、ベースもしっかりと録音されていたわけだ。

    オフィシャルのHull公演の音質は、これまで出ていたLeedsと同等レベルで素晴らしい。
    残念ながらベースが録音されていなかった曲は、Leedsでのベースを編集して付加してあり、Young man bluesではRogerのLeedsでのボーカルがベースのチャネルから薄く聞こえてくる。
    個人的にはそれらの曲は、ベースなしで発表しても良かったような……。

    このHull公演、面白いことに演奏のラフさ加減がLeedsよりも伝わってくるので、聴いているとオフィシャル音質の海賊版みたいな気がしてくる(特に演奏がよれる部分などは)。同時期のオフィシャルとしてはワイト島のライブもあるが、あれはドラムの録音が今ひとつ良くなく、それが全体のサウンドをたどたどしく聞こえるものとしている気がして、個人的にはあまり好きでない。

    それに比べ今回のHullは、ドラムの音についてはワイト島どころかLeedsよりもよく録音されているのはないかとも思えた。
    全体的にLeeds同様、エネルギーほとばしる演奏で、2曲ほどに演奏のヨレがあるものの、これまで同時期のLive音源をBootで集めてきた印象で言えば、実際のところヨレは当たり前なので、やはり演奏的には非常に安定していた公演なのではないかと思えた。

    僕は日本のAmazonで輸入盤を購入した。国内盤とはかなりの価格差があった。
    *日本Amazonでの輸入盤の価格は予告無く変わるので、価格は上昇しているかも。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR