宅録あるいはDTMについて 3

    前回から1週間以上が経ってしまった。
    時間が作れずなかなか録音開始できなかったが、やると決めて昨晩のみで今回浮かんだ曲のAメロ部分だけを録音した。

    myguitar (6)
    *東京在住時に買った米Fender製テレキャス

    曲そのものはイントロなしなので、Aメロのみだとたった40秒程度でしかない(苦笑)。

    録音は次の順序で行った。



    1 ギターの弾き語りでAメロを録音
    2 1のトラックを聴きながら、別トラックにClip hitでバスドラ以外のdrumsを録音
    3 さらにClip hitでバスドラを録音(足だと反応が悪いので、手で押した)
    4 Bassを録音
    5 歌を録音
    6 コーラスを録音 その1
    7 コーラスを録音 その2
    8 コーラスを録音 その3

    ここでトラックがいっぱいになった(Vトラックは使用せず)ので、一度PCにデータをコピー。

    次は6~7を上書きしながら、
    9 リズムギターを録音
    10 リードギターを録音

    とりあえずここまでとして、9,10のデータもPCにコピー。
    全10トラックのうち、1と10は使用できないと判断。

    それで合計8トラックをステレオにミックスダウン。

    今回のデモは打ち込みのデモを作る前のデモ、つまりデモのデモなので、ベーシックなリズムは弾き語りだった。それを聴きながらClip hitでクッションdrumsの音を録音しており、打ち込みやメトロノーム使用とは違ってリズムがとても不安定だ。

    それに深夜に家の中で出せる声量で歌うこともあり、正直人に聴かせる品質ではない。

    mycliphit (6)
    *Clip hitはこのようにクッションにマイクをセットして叩いている、ヘッドホン利用だと生で鳴る音はクッションの音のみ


    とりあえず、TwitSoundというサイトにインスト版をアップしたが、1週間後ぐらいに聴いてみて、(旅ではないが)恥はかき捨てかなと思えたらURLを貼ろうと思う。これまで偉そうなことを書いてきて、「何だこのレベルか」と思われるに違いないからだ(苦笑)。

    それでも、そう言われてもかまわないかなと思って、このように書いてきたのも事実だし。

    何よりも、曲を作って録音して残すという趣味が(クオリティはともかく)どれほど楽しいかが伝われば良いのだが……録音物を聴く限りは微妙。

    Clip hitはDrumsを自分でも叩きたいと憧れている僕にとっては非常に楽しい。
    打ち込みを使用するよりも、貸しスタジオで個人練習扱いで叩いて録音できるようになりたいところ。何年かかるかわからないが。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんこんにちは。

    実に楽しそうですね。そしてやはりベースなどの楽器はある程度揃っているんですね。

    音源は是非とも聴かせていただきたいですね!自分も宅録やってたので、クォリティ云々のくだりはよくわかります(笑)

    ミキシングをどのようにしているのか等気になりますねぇ。

    PCにコピーという工程がよくわかりませんでした。PCにコピーしてしまえばPCの処理能力が許す限りはトラック数がかなり増やせるという感じなのでしょうか?

    (いつかゲスト出演させていただきたいものですね)ボソッ

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 実に楽しそうですね。

    同じ趣味を持ってる人からするとそう映りますよね(笑


    > そしてやはりベースなどの楽器はある程度揃っているんですね。

    はい、楽器は社会人になって増えた気がします。

    困っているのは、キーボードのACアダプターが行方不明でした。
    よりによって、+-の電極情報がない(ネットで調べても不明)ので、別のを挿して壊したら価値が無いので探しているところです。

    > 音源は是非とも聴かせていただきたいですね!自分も宅録やってたので、クォリティ云々のくだりはよくわかります(笑)

    わかりました。

    > ミキシングをどのようにしているのか等気になりますねぇ。

    Cliphitがモノなので、どの録音音源も今のところ全てモノです。
    単純に定位をどうするかだけですね。

    > PCにコピーという工程がよくわかりませんでした。PCにコピーしてしまえばPCの処理能力が許す限りはトラック数がかなり増やせるという感じなのでしょうか?

    使用しているソフトにもよるかもしれませんが、そう思っても良い気がします。
    業界標準のProtoolsは使っていませんが、似たようなソフトを使っています。
    D888で録音したトラックは、16ビット/44.1KHzのモノラルのwav音源データとして扱えます。
    そいつをソフトのミキサーに並べて、エフェクト、パン、フェーダーなどを設定して、ステレオで出力するような流れです。

    > (いつかゲスト出演させていただきたいものですね)ボソッ

    面白いかもしれないですね(笑

    打ち込み音源でリズムを作る場合は、テンポとキーを指定して、友人にバックトラックを送ってリード部分だけ自分が弾けない楽器でつけてもらうことも過去にはやってました。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR