Put a little love in your heart

    今だとJackie DeShannonのImperial時代では『Me about you』の方がこのアルバムよりも日本では有名なのかもしれない。
    けれども僕は、内容的にこちらを高く評価している。

    JDSPLH (10)
    *Love will find a wayを紹介するシールあり

    大ヒットとなったタイトル曲を含む69年のアルバム『Put a little love in your heart』。



    評価しているというよりも、ただ好きだといってしまう方が簡単なのだけれど。

    このアルバムは以前にも書いた通り、キャッチーな曲が多く、サウンド的にもメロディー的にも、そしてJackie のボーカルを聞くうえでも、とても満足度の高い作品だ。

    以前紹介したこの次のアルバム『To be free』、あるいは72年の『Jackie』よりも無理がないと言うか、普通にのびのびと歌うと偶然にもその時代にマッチしていたと言うような、奇をてらうところもなければ背伸びをしたようなところもない、そんな印象を受ける。

    JDSPLH (4)
    *普段聴くのはこちらのジャケットがぼろい方、レコードは全く問題なし

    楽曲のできも非常に良いものが多い。とりわけ大ヒット曲となったタイトル曲「Put a little love in your heart」だけでなく、次のシングル曲「Love will find a way」もとっても良い。さらにB面1曲目の「You can come to me」(これもシングル化された)やB-2の「You have a way with me」、A面2曲目の「You are the real thing」など、本当に出来が良い。

    そして、このアルバムでは自身が作者(基本は共作)として参加している楽曲が多いことも特筆できる。全12曲中9曲もある。ヒット曲は全て本人作品だ。

    JDSPLH (7)
    *ジャケット裏面

    サウンド的にはブラスやストリングスを含むいかにも69年のrock/popアレンジで『To be free』ほどにSoul色は強くないが、半数ほどでその傾向を感じることができる。この流れは当時の潮流だったのだろう。白人音楽と黒人音楽の境がほぼ消えかけているような、そういう傾向にあった。

    全体的に、バックのサウンドもアレンジもテンポも大半が似通っているので、バラエティに富んだ楽曲群を収めたアルバムではないかもしれない。とは言え、rockアルバムだと捉えれば、よくあることだ。

    そんな中、やはり耳が向かうのはJackieの歌声だ。なんとも魅力的な歌声だろう。

    今回聴きながら記しているが、やっぱり、これまで紹介した2枚のアルバムよりもこっちだな、と思ってしまう。これこそがJackie DeShannonの代表作の1枚だろう。


    Imperialのレコードと言うと、僕はあまり音質が良い印象はなく、音が硬く、中低域が薄い印象がある。このアルバム、もしかするとCDではもっと自然な音で聴けるのかもしれないが、この米国オリジナル盤はとりあえず及第点の音質かと思う。

    大元は16トラック録音だろうか、音の抜けが良くて、低音域も当時としては平均的に刻まれている。それでも、もっと音質向上の余地があるように思えてしまう。


    最後にふと気になって調べたが、このアルバム、よく売れたので中古LPでは簡単に手に入るものの、今手に入るCDは?というと無いみたいだ・・・・・・。
    『Me about you』ばっかり何度も再発するよりも、こっちだと思うんだけどなぁ。ひどい状況だ。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR