The Who live in Hyde park

    これが本当の最後のツアーと言うことで、50周年ツアーを行っているWho。
    今年6月に行われた Hyde parkでのlive映像+音源のセットがいくつかのフォーマットで発売され、僕は3LP+DVDのセットを購入。
    ちょうど本日届いた。

    whoHyde (4)
    *開封前



    実はまだ、映像もLPも一部しか観て(聴いて)おらずだが、DVDの音声をデジタル出力してD/Aコンバーターを介してオーディオに通して聴いた音のほうが、LPで聴くよりも本来の音に近いのでは?と思えてしまった。

    whoHyde (9)
    *シュリンクの上にシール貼り付け

    今回の演奏のmixは基本的にほぼセンター寄りに定位するようにミキシングされている。左右にきれいに広がるのは歓声やシンセぐらい(LPの3枚目しか聴いていないけれど)。

    アナログだとどうしてもクロストークがあり、デジタルのように左右の音が完全分離するわけではないので、今回のLPだとセンターに(たぶん本来以上に)ぶっとく音が固まってしまうのだ。

    60年代の録音のように今聴くとスカスカとは言わないけれど低音域等が弱めの音源ならばアナログ再生で音が中央寄りに太くなるのは好ましいけれど、今回のlive盤の音作りだと、ちょっと違うかなと思えた。

    本来、微妙に左右に分かれた楽器も、アナログでは中央寄りになることで音の分離が弱まり、DVD出力音声との比較で団子状になってることが気になってしまう。

    whoHyde (17)
    *観音開きのジャケット、中央にDVDが裸でセットされている

    それと、最初はカートリッジをDenonのDL-103Rで再生したが、刻まれた音との相性が悪く感じられたので、P-3Gに変えると、より繊細になり分離も良くなったものの、DVD音声よりも厚い音はちょっと違う気がしてしまう。

    わざわざLPで買うよりも、これならブルーレイのみ(ってあったっけ?)にしても良かったかなと思えた。

    whoHyde (23)
    *3枚のLPはそれぞれ独自の内袋、レーベル色も異なる

    なお、今回のLPも、カッティングはWhoの『Singles box』や欧州盤『Hits 50!』と同様、Miles Showellがハーフ・スピード・カッティングで 仕上げている。

    そうそう、僕が聴いた範囲では、「pinball wizard」の出だし部分、DVDではすぐにイントロに入るが、LPではその前にPeteがよくやる、ちょこっとイントロのコードを弾いて客の反応を見るような部分も収録されている。
    それはCDやLPを買わないと聴けないと言う事なのだろう。

    whoHyde (12)
    *ジャケット裏、開封前


    今回のツアーには、RogerのTommyツアーの音楽監督をしたFrank Simesが加わっており、それゆえか?あるいは背後の映像に演奏尺を合わせるため?これまでのliveだと、だんだんと演奏が熱気を帯びてテンポが速まることは曲の途中からでもあったのだが、逆にテンポが上がり過ぎないように注意して演奏しているように聞こえる。なおDrumsはZakだ。

    少し空が明るい時間からスタートするが、日が沈む頃に「Tommy」からのセットとなり、またしても空を照明代わりにするなかなかにくい演出になっている。

    最後の「Won't get fooled again」のラストは素晴らしい(笑)。如何にもWhoっぽい感じの終わり方だ。
    DVDでなく、やっぱりブルーレイで観たいなぁと思った。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    本作とても気になっておりましたが、予算の関係上諦めておりました。フォーマットもいろいろあるのでどうすべきか迷ってもいました。

    が、記事を読んでからブルーレイを購入してみようかなと思っています。最近のザ・フーの音はあまり馴染みがありませんので一度は聴いてみようかなという感じですかね。

    こんばんは
    LPはこんなパッケージなんですね。
    参考になります!
    確か輸入盤だとブルーレイ単品ありだったような…
    バリエーション多すぎですね

    私は輸入盤のDeluxe Editionを買いまして今日は午後からブルーレイ、引き続きDVDと見ていました。
    コメントを字幕で見ていましたがDVDは字幕が荒くて映像もブルーレイの方が鮮明だと感じました。
    私もLPに惹かれたのですがブックレットが気になりまして…。
    LPでDeluxe Edition設定してくれれば良かったのに。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 本作とても気になっておりましたが、予算の関係上諦めておりました。

    僕も実はブックレット付きのDE版にしようか悩んで、ブックレットはあまり見ないと思って、普段聴くLP版こそベストとこれを選んだのですが・・・。
    CDの音を聴いてないので何とも言えませんが、もしかしたらあえてアナログは如何にもアナログっぽい音を作ったのかな?と疑うほどにこれまでのライブ盤とは違う音になってますね。
    せっかくジャケットの作りも良いし、重量盤の質も良さそうなのに・・・残念でした。

    > が、記事を読んでからブルーレイを購入してみようかなと思っています。最近のザ・フーの音はあまり馴染みがありませんので一度は聴いてみようかなという感じですかね。

    前回の来日時の音に近いですが、ノリがちょっと違うかなという印象です。

    Re: タイトルなし

    G○×さん、こんばんは

    > LPはこんなパッケージなんですね。参考になります!

    ありがとうございます。
    今回のは、ジャケットの作りも盤質も良い感じです。
    だから、音が一番残念です。

    > 確か輸入盤だとブルーレイ単品ありだったような…
    > バリエーション多すぎですね

    ですね。
    でも、LPの音と違うかもしれないので、CDつきのブルーレイにしても良いかなと思えてきました。
    ・・・やっぱり無駄遣いかな?

    > 私は輸入盤のDeluxe Editionを買いまして今日は午後からブルーレイ、引き続きDVDと見ていました。

    僕は国内仕様のDE版と迷ったんですが・・・価格は(僕の購入価格と)2千円しない程度の差でした。

    > コメントを字幕で見ていましたがDVDは字幕が荒くて映像もブルーレイの方が鮮明だと感じました。

    でしょうね。
    つい先日届いたJamのドキュメンタリーはDVDで観ても十分なクオリティでしたが(つまり、古い映像はDVD並みにしかならない)、最新の撮影だとブルーレイとの違いが現れますね。

    > 私もLPに惹かれたのですがブックレットが気になりまして…。
    > LPでDeluxe Edition設定してくれれば良かったのに。

    はい、僕も同じことを考えていました。
    出ませんでしたが。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR