THE CUTTING EDGE 1965 – 1966: THE BOOTLEG SERIES VOL. 12 COLLECTOR’S EDITION その3

    前回の予告通り、『COLLECTOR’S EDITION』収録の9枚のmono singlesと過去にRecord store day商品として登場したDylanのmono singles box(4枚組)収録のレコードとを比較する。

    Dylan1116 (4)
    *左が『COLLECTOR’S EDITION』収録の9枚、右がmono singles box(4枚組)



    比較したところ、予想した通りの結果となった。
    mono singles boxに収録された4枚は、いずれも『COLLECTOR’S EDITION』収録の9枚のmono singlesに含まれていた。

    まず、この2枚は共通。

    Dylan1116 (16)

    次にこの2枚が共通。

    Dylan1116 (12)

    見ての通り、復刻されたジャケットは別物だ。
    けれども、レコード盤は同一と思われた。

    試しに1枚だけ確認したところ、run-off部分の手彫りのマトリクス番号が、今回の『COLLECTOR’S EDITION』の盤であるにもかかわらず、mono singles boxのマトリクスとなっていた。
    しかも、片面は全く同じスタンパーからのプレスだった。

    Dylan1116 (21)
    *このシングルのマトリクスを確認した。レーベルの仕様まで共通

    Dylan1116 (28)
    *こちらもレーベル仕様が共通、他の2枚も同様だ

    と言う事で、『COLLECTOR’S EDITION』収録の9枚のmono singlesは、数年前に登場したmono singles boxのレコードと同一の製造方法、つまりオリジナルのmono masterから新たにカッティング(あるいは、前回と共通スタンパーで)プレスされている。

    音質的には、Whoの復刻singles boxのような最新マスタリングっぽい音ではない。
    当時のシングルのマスターを、現在の技術でできる限り音質をキープしてプレスしたと言う印象と言えばよいだろうか。

    それを最もよく現しているシングルが、「I want you/JUST LIKE TOM THUMB'S BLUES」だ。

    このシングルは、米国盤ジャケットでの復刻となっている(たぶん)。

    Dylan1116 (34)

    そして、このシングルに収められた「JUST LIKE TOM THUMB'S BLUES」は、マニアならご存知のとおり、当時このシングルでしか聴けないlive録音(mono)だった。
    日本ではその後、Dylan来日記念の3枚組LPセット、『Masterpiece』(写真上)に収録。

    その、『Masterpiece』で聴ける「JUST LIKE TOM THUMB'S BLUES」は、この曲を含むside-Cの中でとんでもなく音が悪い印象をずっと持っていた。

    そして、今回の復刻シングルを聴く限り、本質的には変わらないように思えた。
    この復刻シングルのほうが、世代の若いマスターテープから作られたということは音を聴く限り間違いないと判断できるけれど、だからと言って、圧倒的に音質向上しているわけではない。

    いや、それどころか、音が一つに固まったような当時のmono mixによる独自のlow-fiサウンドが今回も聴ける。
    但し、日本盤LP『Masterpiece』で聴くよりは1~2世代若返ったような音質だ。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR