Fire and skill / Jam

    Jamのライブ録音を集めたCD6枚組セット『Fire and skill』が届いた。

    早速輸送箱を開けると、この通り。

    fasjam (6)



    箱の裏面は、この通り。

    fasjam (8)

    箱の縦横サイズは先日届いたSmall facesの『Decca years』と共通。
    けれども箱の奥行きは、両者で大きく異なっていた。

    fasjam (11)

    最初の1枚、1977年の100clubでの録音だけを聴いた。
    さすが正規発売だけあって、音質は過去に出回っていたブートをはるかにしのぐ。

    テープ箱を見る限り、2トラックのステレオマスターなので、マルチトラックのマスターは存在しないのだろう。ミキシングはその場で行われた。

    それもあって、Bruceの声の音量が小さかったり、もしかしてコーラスが録音されてない?と思えるところもある。あくまで推測なので、コーラスなど入れてなかったのかもしれない。

    それにしても、荒削りな演奏が本当に格好良い。
    これはアメリカでのFM放送用?に録音されたもので、この時の録音から(過去に紹介しているが)シングルB面やライブアルバムに一部が使用されている。


    fasjam (13)
    *箱の中身は『Decca years』に似ていて、ポストカード、冊子(但し、今回はハードカバー)、そしてCDs。このあたり、現在のトレンドなのだろうか?

    fasjam (17)
    *CDは実際の録音テープ箱をデザインとして使用

    『Fire and skill』収録の6回分のライブ録音音源は、ほんの一部の例外(僕の知る限り、今のところ3曲)を除いて未発表だし、CD用のジャケットは全て見開き(取り出し口は内側)、ブックレットはハードカバー仕様と、商品としての作りの良さはSmall facesの『Decca years』よりも、こちらのほうがずっとずっと良い印象を受けた。

    残る5回のライブは今後ゆっくりと聴いていくことにしよう……と思いながらも、77年のライブばかり何回も聴きとおすことになるかもしれない(笑)。

    そうそう、輸入盤は、Amazonでは在庫無しだがHMVやTower recordsではまだ在庫ありだ。
    今回、僕はHMVで購入した。











    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    こんばんは♪

    いやぁ、こんなテンポでこんなにアグレッシヴなのになんとも最高ですよね…♪
    パンク・バンドのライブっていうと、大抵下手なのに?

    まぁ、自分もまだ100clubしか聴いてないですけど…♪

    個人的には今年最高のブツになる…これから到着するブツあわせて…そんなものじゃないでしょうか?

    不満はブックにある謎の加工が施された写真類…それくらいかな?うふ♪

    No title

    私のところにはまだ届いていないのですがいやあ、楽しみです。

    ディランもそろそろですねぇ。
    カネが幾らあっても足りません(笑顔で涙)。

    Re: こんばんは♪

    へどろんさん、こんばんは。

    そちらにも届いてましたね!
    箱のエンボス処理、僕のを調べたらずれてなかったです。

    > いやぁ、こんなテンポでこんなにアグレッシヴなのになんとも最高ですよね…♪

    77年は、演奏にがむしゃらさが出ていて、それがとてつもなく魅力なんですよね。

    > 個人的には今年最高のブツになる…これから到着するブツあわせて…そんなものじゃないでしょうか?

    僕も個人的にはベスト3に入ります。
    この後に届く大物がまだ残っているので、これをベストワンとは言えないのですが…。

    > 不満はブックにある謎の加工が施された写真類…それくらいかな?うふ♪

    確かに、おかしな色をつけずにそのまま見せたほうが格好良いと思います。
    そのあたりはデザイナーのセンスなので・・・。

    僕はJamのこれよりも、数年(もう10年以上?)前からのJimi Hendrixの再発編集版のおかしな色合いのほうが実はずっと気になっているのでした(苦笑)。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 私のところにはまだ届いていないのですがいやあ、楽しみです。

    そうなんですか。
    そいつは待ち遠しいですね。

    > ディランもそろそろですねぇ。
    > カネが幾らあっても足りません(笑顔で涙)。

    いや、本当に。
    今年は一体どうなってるのか!?と思います。

    僕の場合、Small faces、Who、Kind of blue、Jam、そしてDylanのボックス。
    Elvisもありました。
    他にゴスペルのStaple singersや映像関連でJam、Whoも。

    おかげで、来年までじっくり楽しめそうですけど懐はとっても寒いですね。



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR