Kind of blueのstereo mixについて 2

    前書き
    昨日の続きをまとめ終えた後、いつもコメントをいただくColumbiaさんから、昨年出た本に『Kind of blue』の音源違いについて掲載があったとコメント欄で教えてもらった。
    そうとも知らず、参考になればと自分の手持ちの盤の(長年の)比較結果をまとめていたのだが、無駄骨に終わっているかもしれない。


    では続きの話を。
    92年以降、『Kind of blue』のステレオ盤はオリジナルのマルチトラックマスターから新たにステレオremixが何度か行われていると記した。
    kindofblue1 (6)

    それでは、92年以前に登場していた『Kind of blue』のstereo盤は、全てA面のピッチが高い同一のミックスなのか?となると、実はそうではない。
    それ以前(やや微妙な時期だが)のstereo mixにも少なくとも2種類が存在している。



    そして、その2種類共にA面のピッチが高い。

    一つは、当然ながら米国オリジナルLPに使用された最初のstereo mix。
    このミックスは発売当時から80年代のLPまで、ずっと使われている。

    kindofblue2 (17)
    *初版から続く同一stereo mixのLP、但しカッティングはそれぞれ個別

    僕は最初のレーベル(6eye)、70年代初期のColumibaレーベル、80年代と思われるColumibaレーベルの3種類を持っており、そのどれもが自分の耳で判断した結果同一ミックスだ。つまり、初回から変わらないステレオミックス。
    *60年代の2eye盤も持っていた記憶があるが、探すとmonoしか出てこずじまい・・・残念

    kindofblue2 (8)
    *70年代プレスのリカット盤(KCS8163)

    kindofblue2 (3)
    *80年代プレスのリカット盤(PC8163)

    それら3枚のLPのマトリクスは3枚とも機械刻印されていて末尾が-1で始まるが(両面)、その後に続くアルファベット2文字はそれぞれ異なる。
    そして、面白いことに、音溝の長さが3枚とも違うことから、それぞれの時代にカッティングし直したものと想像がつく。


    そして、次のミックス(仮に2nd mixとする)は80年代後半?あるいは90年代初頭~半ばまでのプレスのLPで使用されているミックスで、初版ミックス(仮に1st mixとする)よりも全体的にreverbが強めにかかっている。
    以下の3枚のLPがそれに当たる。

    kindofblue2 (31)
    *型番はPC8163だが、手前のとはレーベルデザインが異なる

    kindofblue2 (19)
    *CJ40579

    kindofblue2 (28)
    *PC8163

    なお、写真2枚目のLP(CJ40579)は180g重量盤での再発盤(発売は90年後半頃だったと思う)、通常盤は持っていないので同一mixかどうかは不明。
    そして、その2枚目の重量盤と3枚目の重量盤は完全同一カッティングとなっている。型番も見た目も全く別物だけれど……。


    音について触れると、1st mixと2nd mixとの差が一番わかりやすいのは、A-2の「Freddie Freeloader」。
    Wynton Kellyのピアノの音を聴き比べると良くわかる。
    全体的にreverbが強めにかかっていて、ピアノの残響の広がりが1st mixとは大きく違う。

    今回はここまで。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : JAZZ
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    こんばんは。

    無駄骨なんてとんでもないことです(笑)。

    92年にA面のピッチが修正された点は記載がありましたが、レココレ増刊号にはLPのミックス違いについてはほとんど言及していませんでした。2008年の”50th Anniversary Collector’s Edition[88697 33552 2]”に含まれるアナログ盤のマスターに97年に作成されたリミックス・デジタル・マスターを使ってあるのではないか?と書いてある程度の記述です。あと、[CJ40579]はCD用のデジタル・リマスターがマスターであると書いていますがこれもミックスについては記載がありません。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 無駄骨なんてとんでもないことです(笑)。

    そうですか。それは良かった。

    > 2008年の”50th Anniversary Collector’s Edition[88697 33552 2]”に含まれるアナログ盤のマスターに97年に作成されたリミックス・デジタル・マスターを使ってあるのではないか?と書いてある程度の記述です。

    なるほど。確かに92年以降のremixについては情報がオープンでないので、聴いて確かめるしか方法がないですね。

    > あと、[CJ40579]はCD用のデジタル・リマスターがマスターであると書いていますがこれもミックスについては記載がありません。

    やはりそうなんですね。
    ここから導かれるのは、LP用の2nd mixは、そのCD用の音源を採用している、ということですね。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR