The Cutting Edge 1965-1966

    Bob DylanのBootleg series vol.12のことを、僕は先日の野良さんのtwitterで知った。

    Bootleg series vol.12 『The Cutting Edge 1965-1966』

    dylan12.jpg



    慌ててAmazonに予約を入れたのが、CD6枚組のDE版と3LP+2CDのセット。
    (その時点でDE版は15500円程度、LPは10500円程度。今はもっと上がってしまった。)

    dylan12 de
    *こちらがCD6枚組


    そして、それとは別にマニア向けのUS$600と言うCD18枚組+復刻monoシングル9枚のセット『Collector’s Edition』もDylan.comに予約を入れた。送料込みでほぼUS$700。

    『Collector’s Edition』は全世界限定5000セットとは言え、高額であることからすぐには売り切れることはないだろうと思う。それと1000セットくらいは日本のファンが購入するのではなかろうか。

    dylan12 CE
    *こちらが18CD+9シングルの『Collector’s Edition』

    『Collector’s Edition』を予約した後、内容から判断してDE版はキャンセルすることにした。
    当然ながら、それらは18枚組に含まれていたわけだが、コンパクトに聴きたい場合、DE盤かなと思って予約を入れていた。

    けれども曲目を見ると、DE盤でさえコンパクトに聴けないとわかり、CDでは2枚組みの仕様(=つまりLPセットと同じ)があれば良いかと。

    dylan12 3LP2CD
    *こちらが3LP+2CDのセット


    それにしても、Dylanのスタジオ録音の中で、僕自身が最も好んで聴く時代であり最も高く評価している3枚のアルバムの録音の模様が全て聴けてしまう『Collector’s Edition』のオフィシャル発売は快挙としか言い様が無い。


    唯一残念なこと、それは送料を含めると、現在のレートでは大損?の84000円ほどもしてしまうことだ。
    少し前の感覚、US$1=100円であれば7万円で買えたと言うのに。
    失われる14000円は、誰の得にもならないお金でしかない……。

    僕の仕事や生活にはマイナスにしか働かない円安が、何よりも悔しい。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    こんばんは。

    いやーーーーー。まさか購入されるとは思っていませんでした!
    情報が入って以来、ずーっと『Collector’s Edition』をどうするか煩悶しております。

    デラックスとLPはとりあえず予約は入れましたが(今は随分上がりましたね)。

    『Collector’s Edition』。
    発売後ひょっとしてハイレゾであっさりと発売されるのではないかとか、2度とお目にかかることの無いロバート・ジョンソンのセンテニアル・エディションのアナログ盤と同様な状況になるのではないかとか。。

    この価格は逆立ちしても予算が立ちません。とはいえもう少し考えてみます。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > いやーーーーー。まさか購入されるとは思っていませんでした!

    実は前回、前々回のシリーズは僕の興味対象外の時期のものだったので手を出しませんでした。
    逆に今回のように興味のど真ん中となると、内容を知った時点で買おうと決めていました。
    正直、日本円換算で送料込み6万円までぐらいが上限の気もしましたが……。

    でも、84000円で当時の録音スタジオに居合わせることができるなら良いかと(笑)。

    > 情報が入って以来、ずーっと『Collector’s Edition』をどうするか煩悶しております。

    それが健全です。

    > 『Collector’s Edition』。
    > 発売後ひょっとしてハイレゾであっさりと発売されるのではないかとか

    正直、そこは読めないですね。
    Bootleg seriesとは別に、欧州で著作権対策として超限定数量で発売されたアルバムは二度と再販されていませんよね。
    フォーマットを変えてCD→アナログで出たケースはありましたが。

    でも、あれとは位置づけが違うから、あっさりとはいかないにせよ、5年ぐらい経過すると再登場の可能性はありますね。
    悩んでる時が一番楽しいかもしれません(笑)。



    No title

    JDさん、こんばんは。

    私は、18枚組は最初から諦めていました。今の私にはとても出せる金額ではないし、全部聴くことはそうそうないかな、と思いまして。ちなみに日本のソニーでも100セット限定で輸入するそうで、価格は税込み95,000円ですって。

    http://ameblo.jp/high-hopes/entry-12082359682.html

    送料込みでも、海外から直接買ったほうが安そうですね。

    私は6枚組の輸入盤をアマゾンで予約しました。値段も1万5千円台から一時期2万2千円(国内盤より高くて誰が買うの?)になり、また戻ってますね。最低価格で買えるから、いいんですけど。

    Re: No title

    鳩サブローさん、こんばんは。

    > 私は、18枚組は最初から諦めていました。今の私にはとても出せる金額ではないし、全部聴くことはそうそうないかな、と思いまして。

    仰るとおり、全部聴くことはそうないでしょうね。
    購入者はマニア中のマニアか、評論家か、ってところでしょうか。
    僕はDylan音源のコレクターではないので、マニアにも入りませんが(苦笑)。
    ただ、この時代だけは特別ですね。

    > ちなみに日本のソニーでも100セット限定で輸入するそうで、価格は税込み95,000円ですって。

    値段はともかく、海外サイトに直接オーダーするのが恐い人もいるので、重宝する人もいると思います。

    > 私は6枚組の輸入盤をアマゾンで予約しました。値段も1万5千円台から一時期2万2千円(国内盤より高くて誰が買うの?)になり、また戻ってますね。最低価格で買えるから、いいんですけど。

    確かに、つい先日戻ってましたね。
    為替レートからすると、英米よりも割安な気がしました。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR