Otis Blue / RSD 2LP+single

    世間が連休なのに出張だった。
    でも、久しぶりに御茶ノ水のDUに1時間寄れたので、良しとしている(笑)。

    今回、思い切ってこれを買った。
    RSD限定商品の『Otis Blue』、MonoとStereoの2枚組にシングル盤(1枚)が付属した『Otis Blue』の最強バージョン。
    何よりもRhino vinylだったのが決め手。

    RSDOB0925 (1)
    *ジャケットはシングルタイプ。全てが押し込まれている。


    実は今年の春の出張でこのレコードを見かけていた。

    RSDOB0925 (8)
    *クリックで拡大

    さすがに限定プレスで2LP+シングルとは言え、税別で7000円は高すぎた。けれども、今回は少し値下がりしていたので、この機を逃すと次は無いかもと思って、思い切って購入したわけだ。
    しかもレジに持っていくと、当日はRSD商品10%引きとのことで、さらに安価に購入できた。

    RSDOB0925 (15)
    *内容物はこの通り

    以前このアルバムを取り上げた時に紹介した2枚組みCDセット『Collectors Edition』がこれ同様にMono/Stereo収録だった。

    今回探したが見つからなかったので定かではないのだが、記憶ではラウドなマスタリングがなされていたような……。

    今回のLPは、そうでないことを願っての購入だったが、その際に前述のとおりRhino vinylだったことから購入を決めた。

    今聴いても80年代~90年代に購入したRhino からのLPは、大元のマスターテープに起因するノイズや音質劣化を除けば、非常に素晴らしいマスタリングが施されていた。簡単に言えば、不自然な加工を抑えた自然なサウンドが得られるマスタリングと言えば良いだろうか。

    今回のLP、2枚とも1度しか聴いていないが、非常に満足の行く音質だ。
    音溝はできるだけ内周歪みを避けて外側にカッティングされている。

    そして、シングル盤はさらに1ランクほど音質が上がったのでは?と思えるような音質だった(こちらはまだA面しか聴いていない)。
    当然ながら、その理由は物理的なものだろう。

    RSDOB0925 (19)
    *シングルのみカラーレコードで、このような色


    ところで、過去記事にも記したとおり、このアルバムのstereo mixは、まるでBeatlesのLP『PPM』のように、歌は片方のチャンネルのみに収録されている。大きな違いは、ちゃんと演奏とセットで収録されている点。
    そのため、こちらのチャンネルをメイントラックとし、もう一方のトラックの音量でmono mixing時の全体の音量における歌の音量を調整していたと思われる。

    RSDOB0925 (11)
    *ジャケット裏は近年の再発の例に漏れず如何にも再発盤と言った感じ、右上に限定盤号入り

    ただ、monoとstereoとで完全別テイクが使われている曲があることについてだが、一体どういう理由あるいは基準でmono用とstereo用とを選別したのかは不明。

    なお、録音エンジニアはTom Dowdなので、録音スタジオにマルチトラック録音可能なレコーダーがあれば確実に使用したことだろう。逆に考えると、2トラックあるいは3トラックの機材しかなかったのかもしれない。しかも、3トラックの場合には1トラックは使わなかったということか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    tag : Otis Redding オーティス・レディング オーティス・ブルー RSD商品 レコード 限定盤

    コメント

    Secret

    No title

    このアルバムは本当に名盤ですよね。

    オーティス・レディングは本アルバムしか聴いたことがないのですが、この記事を見てアナログ聴きたくなってちょっと探してみたのですがどうやらもうネットショップでは流通していないみたいですね。

    Rhinoのブルーカラーレコードみたいなのはまだあるみたいなのでそっちを聴いてみようかなと熟考。ストーンズのボックスが控えてるんで後回しにしようかな(苦笑)。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > このアルバムは本当に名盤ですよね。

    ですね。

    > オーティス・レディングは本アルバムしか聴いたことがないのですが、

    そうですか、それはもったいない。
    でも、スタジオ録音盤だと僕はこれがベストですね。次はスタジオでなくライブ盤になるかな。

    > この記事を見てアナログ聴きたくなってちょっと探してみたのですがどうやらもうネットショップでは流通していないみたいですね。

    2LP+シングルは、RSD用限定盤でした。

    > Rhinoのブルーカラーレコードみたいなのはまだあるみたいなのでそっちを聴いてみようかなと熟考。ストーンズのボックスが控えてるんで後回しにしようかな(苦笑)。

    悩んでいるときが一番楽しいかもしれませんよ(笑)

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR