秋冬はBoxセット発売ラッシュ Live at leeds40周年ボックス

    年末セット (21)

    昨年9月のBeatles remasterでは、Mono, Stereoの両ボックスを購入し懐具合が寒かったが、今年も金額的には同じぐらいは出て行ったような気がする。

    DylanのMono CD Boxに続いて、Jimi Hendrixの未発表テイクだけで構成された(らしい)Anthology(LP版)、Rolling stonesの限定60年代アナログBoxセット(70年代以降のBoxも出たが、僕は買わなかった)、WhoのLive at leeds 40周年ボックス。
    12月にはDylanのMono Boxのアナログ盤ボックスも控えている。

    そのうち、WhoとJimi Hendrix、Rolling stonesのアナログ箱が最近届き、Jimi Hendrixだけがまだ未開封。とは言っても、WhoとRolling stonesはようやく開封しただけで聞けておらず。

    Live at leeds 40周年ボックスは、外箱(黒スタンプ)、4CD+LP+シングル盤+ポスター入りジャケット(赤スタンプ)、ハードブック仕様の解説書(青スタンプ)と凝った?作り。

    年末セット (7)


    ちなみに、Live at Leedsの英国、仏国、独国のオリジナルLPはこの通り。
    年末セット (5)
    左上(仏)、右上(独)、左下(英黒スタンプ)、右下(英青スタンプ)
    *残念ながら黒スタンプの黒がデジカメ写真ではわかりにくい

    黒スタンプ同士で比べると、今回の外箱の黒スタンプはオリジナルとは少し違う感じだ。
    年末セット (11)

    外箱の裏に内容物の写真があり、レコードはドイツ製とある。
    年末セット (12)

    広げると、この通り。
    年末セット (19)

    Rolling stonesの限定60年代アナログBoxセットは、明日紹介しようと思う。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    こんにちは。
    LIVE AT LEEDSは購入しましたが、USアマゾンなので、
    まだ届いてません。
    楽しみです。

    でも、これって、オリジナルにあったオマケは入ってないんですね?

    No title

    TAさん、こんにちは。

    今回のボックスセットにはポスター以外のおまけは付いていませんね。その代わりに、分厚い解説書の中に写真が掲載されています。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR