Whoの再発LP USプレス


    先日『The Who Hits 50!』のLPについて記した際に、今年再発となったWhoのLPのUSプレスについては、「EU盤と共通の原盤からプレスされていた」と記した。

    今日はその単品購入したUSプレスのLPを紹介する。

    WHOUSLP (8)
    *米国プレスの『Who's next』

    僕が買ったのは2枚のみ。『My Generation』と『Who's next』だ。



    まず、『Who's next』から。

    WHOUSLP (6)
    *手前、ボックスセット盤(EUプレス)、背後(上)USプレス

    今回撮影しながら、USプレス『Who's next』の表ジャケットの写真が想像以上に鮮明だったので驚いた。細かな部分まではっきりとわかり、色味も非常に自然だ。

    比較対象とした2012年末に出たボックスセットの盤(EUプレス)のジャケットの色味は青みが強い。それと、USプレスはこれよりもピント調整がましになっているように思えた。

    但し、ボックスセットの盤の内袋は『Who's next』発売当時英国で使用されていた内袋を再現しており、USプレス盤はプレーンの白だった。おそらく単体再発EUプレスも内袋を再現してあるのでは?と推測している。

    USプレスとEUプレスとでは裏面下部のデザインが微妙に異なる。

    WHOUSLP (12)
    *USプレス

    WHOUSLP (15)
    *EUプレス


    もう1枚の『My Generation』だが、こちらは何故かUS盤のレーベルはおかしなデザインだった。

    WHOUSLP (25)

    まるで1980年に登場したVirginからの再発盤を思わせるデザインだ。
    *Virgin盤は過去記事で紹介

    初めに記したとおり、US盤もEU盤同様に、レコードのrun-off部分にカッティングを行ったMiles Showellのロゴが彫られている。
    上写真の左側run-off部分ににロゴの彫りが判別できるだろう。
    てっきりUS盤は独自プレスだと期待していたのだが……。

    僕のオーディオで再生する限り残念ながら音質は全くと言って良いほどに同じ。だから、わざわざ高額なUSプレスを買わずとも、EUプレスを買ったほうが良い。

    『My Generation』もジャケット裏下部分と右上MONO部分のデザインはEUプレスとは異なる。

    WHOUSLP (17)

    WHOUSLP (21)
    *上2枚はともにUSプレス

    EUプレスの写真は過去記事を参照のこと。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR