ミュージカル JERSEY BOYS を観てきた

    おとといの6/30、ブロードウェイミュージカル『JERSEY BOYS』を観に、ちょっと東京まで行ってきた。

    jerseyboys.jpg
    *招聘元HPより

    映画『JERSEY BOYS』は、このミュージカルを映画に置き換えたもの。
    それでは、ミュージカル『JERSEY BOYS』は、4 seasonsの活動の歴史を忠実に物語りにしたのか?と問われるとやはりそうではなく、それこそ練りこまれたドラマになっていたわけで。



    僕自身、ストーリー云々よりも、キャストによって生で歌われる4 seasonsの楽曲を観ながら聴きながら彼らの黄金期を疑似体験できることのほうに重きを置いていたので、その点ではまだまだ聴き足りないなぁと思ってしまった(苦笑)。好きな曲がありすぎるからだ。

    役者の演技も歌もさすがに素晴らしかった。
    当然、演奏も生でdrums以外はバックステージの見えない部分で演奏されていて、全体の音(PAの音質)は非常に良かった。

    映画では(僕自身の印象としては)「Can’t take my eys off you」に重きを置きすぎではないか?と感じていたけれども、オリジナルのミュージカル版では、ちょうど良いくらいの扱いかなと思えた。

    ただ、ラストの「Who loves you」の踊りの躍動感は、目の前で生で歌って踊っているキャストの皆さんも素晴らしかったが、映画館で観た映画のシーンのほうがダイナミックだったかも。

    それについては、客席からでは同じ位置、同じ距離からしか見ることができないが、何台ものカメラでいろいろな視点から撮影し編集した映像作品のほうが効果的に映像を組み立てできるので当然とも言える。

    と書いておきながら、前言を翻すわけではないが、そうは言えど、ミュージカルでもステージ上で歌い踊るメンバーをいろいろな角度から見せる演出が施されていたのには感激した。
    特にバックステージから見るような演出は憎かった(笑)。


    メンバーに扮するキャストの4人が歌う姿は最初、僕に2013年のFrankie Valliの初来日公演を思い出させた。
    もう一度Frankie Valliのステージを観てみたい。
    また来てくれないかな。

    150630_jersey.jpg
    *会場待合内に飾ってあった2013年来日公演のポスター、Frankieの直筆サイン入り


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    JDさんもご覧になりましたか。

    「Dawn (Go Away)」の、あのステージの後ろから、照明を浴びるメンバーたちを観るシーンは、何度観ても鳥肌ものでした(25夜、26昼、27夜と3回観ました)。

    客の年齢層やタイプは平日と土日、昼と夜でも違っていましたが、いずれにしても観客の大半は、映画を観て興味を持った人、話題作を観に来た舞台ファン(ミュージカル全般、四季、宝塚、ジャニーズ、などなど)だったようで、JDさんのようにフォー・シーズンズのライヴを疑似体験しに来た人は、少数派ですね。

    でも、いいと思います。今からフォー・シーズンズのファンになる人も、絶対にいるはずですから。まだまだ本の売り上げには結びつかないんですけど(笑)。

    Re: No title

    鳩サブローさん、こんにちは。

    > 「Dawn (Go Away)」の、あのステージの後ろから、照明を浴びるメンバーたちを観るシーンは、何度観ても鳥肌ものでした(25夜、26昼、27夜と3回観ました)。

    まさに、その演出でした!
    本当にタイムスリップしたような、当時に居合わせたような、何ともいえない感動を味わいました。
    すごいですね。

    > 客の年齢層やタイプは平日と土日、昼と夜でも違っていましたが、いずれにしても観客の大半は、映画を観て興味を持った人、話題作を観に来た舞台ファン(ミュージカル全般、四季、宝塚、ジャニーズ、などなど)だったようで、JDさんのようにフォー・シーズンズのライヴを疑似体験しに来た人は、少数派ですね。

    仰るとおりだと思います。
    原曲を知っていて、それを別な形で味わいに来ている人は、僕の席の周りには全くいませんでしたね。
    でも、ミュージカルで初めて、あるいは映画を観て4seasonsの曲を知って好きになった人が大勢いると思うと、日本もまだ捨てたものじゃないなと思えます。

    > でも、いいと思います。今からフォー・シーズンズのファンになる人も、絶対にいるはずですから。

    そうですね。

    > まだまだ本の売り上げには結びつかないんですけど(笑)。

    鳩サブローさんの本は、やはりコアなマニアが納得できる内容なので、逆に敷居が高いのかもしれませんね。
    巷によくある入門用の「広く浅い」本ではないので。





    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR