the modern world 7インチ 

    *6/15追記:
    以下文面に登場する有名な100clubのlive音源(ブート)は、レコードB面に収録された音源と同日の録音とわかった。
    ミキシングが違うので、ラフミックスがカセットか何かで流出したのかも(テープヒスが目立つ部分があることから推測)。
    なお、同日最後に演奏された?2度目の「in the city」は、アルバム『Dig the new breed』収録のと同一の演奏と思われる。



    つい先日手に入れたJamのシングルがこれ。

    77年11月発表の3rdシングル「the modern world」。

    20150607 (23)

    シングルと言っても、実際はB面は2曲入りなので正しい呼び名はEPなのだが……。
    Jamの場合、これ以外にも3曲入りシングルが数枚ある。



    A面は、英国の同名アルバム収録版とは(少なくとも一箇所は)別ボーカルになっている。
    *米国盤LPは、このシングルバージョンをアルバムに収録

    この7インチ盤を手に入れた理由は、B面収録曲を聴くため。
    と言うのも、先日「Dig the new breed」にて記した、100clubでのlive録音になっているからだ。

    20150607 (33)
    *表示の通りであれば、1977年9月11日の録音

    その先日の記事で次のように記した。
    「the 100 clubは日本で言えば所謂live house、僕が訪れた頃は現地で言えばJazz clubみたいな場所だった。そのため、スタジオ録音に近いオンマイク気味のミキシングのほうが、ここで演奏している感じが出たはず。」

    そして、この7インチ盤に収録されたlive音源については、まさに僕が望んでいたようなミキシングがなされていた。
    「そうだよ、こういう音で聴けるんだよ」、そう思わずにはいられない。

    クラブのどこにいるか、自分の位置によって音の聞こえ方が変わるのは確かなので、かなり後方にいたなら「Dig the new breed」あるいは有名なブートで聴けるようなややホールっぽい音になることもある。

    けれども経験的には、実際に居合わせて自分の耳に聞こえていた音よりも、こっそり録音した音のほうがより間接的な音に聞こえる場合が多い。

    そして、僕が昔体験した現地の音は、このlive音源に近い。
    あ、当然ながら僕はJamを体験したのでなく、80年代半ばの現地のneo modsグループだったのだが。

    20150607 (26)


    B面のこれら2曲は、2ndアルバムのDeluxe editionが出たらボーナストラックとして収録されるかも。

    いや、その場合には、同日に録音された全曲をボーナストラックとして収録してもらいたいものだ。






    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    結局the jam : studio recordingsのボックス
    買ってしまいました。スゴく安く入手できたので
    よかったです。

    うちシングルスが2枚入っていたので僕はてっきり
    これでコンプリートかと満足しておりました。
    今studio recordingsのブックレットを見ていますが、このシングルの写真もシングルスのページにのっけてあるし。tha jam道もなかなか深そうですね。というかこのシングルの曲A面も含めて1曲も収録されていませんね。

    僕も探してみます。またこの手のやつありましたらご紹介ください。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > 結局the jam : studio recordingsのボックス
    > 買ってしまいました。スゴく安く入手できたので
    > よかったです。

    お、そうですか。安価に入手できて何よりでしたね!

    > うちシングルスが2枚入っていたので僕はてっきり
    > これでコンプリートかと満足しておりました。

    残念ながらBox setのみに含まれるアルバム未収録曲集のVol.1 & 2だけでは、
    live音源とアルバム収録版とは別mixのシングル曲は手に入りません。

    > 僕も探してみます。またこの手のやつありましたらご紹介ください。

    例えば「Start!」はアルバムは音数が多いミックスで、シングルはシンプルなミックス。
    そんな感じで数多くの曲がシングルとアルバムとでは別ミックスになってます。

    Box setよりも音質が落ちると思いますが、手っ取り早く別ミックスのシングルA面曲を集めるには、アルバム『Snap!』が良いと思います。
    Live音源は、そういう編集盤を知らないので、一つ一つ手に入れるしか手がないかも。


    No title

    >残念ながらBox setのみに含まれるアルバム未収録曲集のVol.1 & 2だけでは、
    live音源とアルバム収録版とは別mixのシングル曲は手に入りません。
    CDではオリジナルアルバムとDirection Reaction Creationの5枚組を持っています。このセットもほとんどアルバムバージョンで入っているようですし、ブックレットをみても5枚目の音源がなんなのか詳しく書いていないのでよくわかりませんね。

    >Box setよりも音質が落ちると思いますが、手っ取り早く別ミックスのシングルA面曲を集めるには、アルバム『Snap!』が良いと思います。

    CDではcompact snap!を持っていました。でも、曲ごとのクレジットは無いのでそうしたヴァージョンの収録状況は全く不明な感じですね(笑)。よく読むとLP2枚組を1CDに収めるために数曲オミットしましたと書かれていますね。まずは手始めにLPを探してみることにします!

    ちょっとネットでThe JamのシングルやEP探してみましたけど皆無といった状況ですね。前途多難です。まあ、でもパンドラの匣を開けてしまったからには逃れられない気がしています。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    >このセットもほとんどアルバムバージョンで入っているようですし、ブックレットをみても5枚目の音源がなんなのか詳しく書いていないのでよくわかりませんね。

    Direction Reaction Creationの5枚組は興味があったものの、持っておらず。
    ネットで調べると未発表と言うかdemo音源だけでCD 1枚分あるんですね。そこだけは魅力ですね。

    シングル曲はアルバムバージョンばかりでの収録っぽいですがそのあたり、シングル集とは別扱いなのでしょう。

    > CDではcompact snap!を持っていました。でも、曲ごとのクレジットは無いのでそうしたヴァージョンの収録状況は全く不明な感じですね(笑)。よく読むとLP2枚組を1CDに収めるために数曲オミットしましたと書かれていますね。まずは手始めにLPを探してみることにします!

    僕はまさにSnap!から聴き始めたので、後追いでアルバムを聴いて行き、Snap!収録版といろいろ異なることを知りました。
    よくあるのはリードギターが違っている、尺が違う、フェードアウトで終わる、などなど。
    彼らのこだわりを感じましたね。

    > 前途多難です。まあ、でもパンドラの匣を開けてしまったからには逃れられない気がしています。

    それ、わかります(笑)。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR