確認したほうが良いかも、ジョン・レノンのアナログ・ボックス

    久しぶりに野良さんのツイッターを読んだところ、気になるツイート発見。
    次の通り。

    「6/9に発売されたジョン・レノンのアナログ・ボックスに大問題ありとの報告が。アルバム『ロックン・ロール』のA面でスウィート・リトル・シックスティーンが2回収録され、ユー・キャント・キャッチ・ミーが未収録とのこと。」
    Lennon.jpg
    僕自身、このボックスに今ひとつ乗れず、購入予定はない。
    そのため、実情を知らない。
    それに、もし買ってもなかなか簡単に全LPの全ての面を聴き通す時間を作るのは難しいと思われる。

    購入された方々は、最優先に確認したほうが良いのでは?

    しかし、こういったミスプレスは後に信じられないプレミアが付く場合もある(僕自身は馬鹿げた話だとしか思っていない、それって単なる不良品でしょ?)。
    Beatles for saleの「I'm a losser」レーベルとか、SGTの「A day in the life」が抜け落ちたレーベルとか(苦笑)。

    再発盤ではどうなのかな?



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    これはひどいですね。
    どんなマスターを使っているんでしょうか(笑)
    マスター製作はおろかカッティングでも気づかないということですよね。

    このボックス、高いし私も完全スルーでした。
    ジョンのアルバムはハイレゾで幾つか聴きましたが、高音質であることの恩恵って少ないように感じました。

    Re: No title

    Columbiaさん、こんばんは。

    > これはひどいですね。
    > どんなマスターを使っているんでしょうか(笑)
    > マスター製作はおろかカッティングでも気づかないということですよね。

    昔ながらのやり方であれば、実際の音を聴きながら作業をしていると思うので、カッティングの際に気づかなかったとなると、コンピュータ制御による自動カッティングなのかな?と思えました。
    が、実際のところどうなのか全くわかりませんね。

    90年代の終わりに米国で再発された180g重量盤のMiles Daviesの「Round about midnight」には、B面収録曲に誤ってA面曲が1曲まぎれていました(逆だったかな?)。もう売り払いましたが、ひどかったです。
    でも、あのミスなら音を聴きながらカッティングしても起こりうると思えますが、さすがに片面に同じ曲が2回となると気がつくように思えますけどね。

    > ジョンのアルバムはハイレゾで幾つか聴きましたが、高音質であることの恩恵って少ないように感じました。

    そうですか。
    大元の録音そのものが良くない場合や、マスターテープの劣化等がある場合には、期待したほどの音質で無いことがありますね。





    No title

    >大元の録音そのものが良くない場合や、マスターテープの劣化等がある場合
    言葉足らずでした。
    もやっとした音像を持つアルバムはハイレゾ感が出にくいというか、そんな感じです(『ロックンロール』、『イマジン』など)。一方で『Plastic Ono Band』、『Walls and bridges』などは高音質の恩恵を感じました。『New York City』は元々の音作りが乱暴な感じがしますね。

    基本的にジョンは音質を気にするたちではないのではないかと思います。

    Re: No title

    Columbiaさん、補足説明ありがとうございました。

    > もやっとした音像を持つアルバムはハイレゾ感が出にくいというか、そんな感じです(『ロックンロール』、『イマジン』など)。一方で『Plastic Ono Band』、『Walls and bridges』などは高音質の恩恵を感じました。『New York City』は元々の音作りが乱暴な感じがしますね。

    SACDが登場したときに2枚買いましたが、まさに『New York City』はSACDで聴く必要が無いように思えました。
    でも1枚のディスクに全曲収録なので、2枚組のプラチナSHM-CDよりも安価だったんですね。

    > 基本的にジョンは音質を気にするたちではないのではないかと思います。

    言えてるかもしれませんね。

    No title

    JDさん、こんばんは。

    その後ツイッターに書きましたが、問題の"Rock 'n' Roll"のマトリクス番号は、
    A面:BE 72568-0^A^
    B面:BE 72568-0^B^
    と確認しました。

    米国ユニヴァーサルはこの問題を認識しており、対応を検討中ということです。

    ※私のツイッターのURL
    https://twitter.com/nora_fabs

    Re: No title

    野良さん、こんばんは。

    具体的な情報を、どうもありがとうございます。
    せっかくなので、新たな記事として掲載させていただきますね。

    それにしても、ボックスの中のLP1枚を交換?あるいは無償で配布?と言うのは、CDと違ってコストがかさむので、かなりの大失敗・損失ですね。
    やはり最初から厳重に確認しておくべきだったと思われます。

    そういえば、HMVに問い合わせていたBeatles Mono LP BoxのSGTの内袋付属しておらずの件、結局「調査後に回答します」とのメールの後、何も回答が来ないまま今に至ってます。
    HMVの責任ではないですが、正直、やっぱりどこか抜けてますね、Beatles関連の正規商品の品質管理は。



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR