All mod cons 米国盤 初期盤らしき

    *5/23記事分割:内容が2つに分かれたので、分割することとした

    お世話になっているブログ“へどつぶステーション”のへどろんさんが、『All mod cons』の米国盤で、英国盤と収録曲が完全に共通のものを紹介された。

    これを見る限り、そちらが当初発売で、後にB-1が「The Butterfly Collector」に差し替えられたと考えるのが妥当な気がした。

    他にもJamの米国盤LPを紹介されているので、興味のある方は是非!

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    こんばんは♪

    いやぁ、ご紹介ありがとうございます♪

    個人的にはどうせ米盤だったら収録曲違い盤のほうがよかったような…♪

    そして、ファーストやザ・ギフトにも、なんでこれが?なんて曲、曲順のものがあったら…なんて、うふ♪

    Re: こんばんは♪

    へどろんさん、こんばんは。

    偶然ですが、昨日福岡市内のレコード屋をはしごしたら、2軒に『All mod cons』の米国盤があり、片方がBilly Hunt収録盤で(初めて見ました)、もう一方はThe Butterfly Collector収録盤でした(笑)。
    さすがに、買いませんでした。

    > 個人的にはどうせ米盤だったら収録曲違い盤のほうがよかったような…♪

    実は僕もそう思いました。
    CDでは、そのフォーマットで発売されないだろうし。

    > そして、ファーストやザ・ギフトにも、なんでこれが?なんて曲、曲順のものがあったら…なんて、うふ♪

    the Giftは、持っている米国盤が英国盤準拠なのですが、これまでに目にしたものも全て同じだったので、選曲違いはないかもしれませんね・・・100%そうだとは言い切れませんが。

    1stのIn the cityは昔から米国盤を見かけたことがなく、もし英国と変わらない時期に発売されているなら、選曲違いもないでしょうね。手持ちの録音曲もなかったでしょうし。




    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR