I Got You (I Feel Good)

    James Brownのこのアルバム『I Got You (I Feel Good) 』(1966年発売)は、彼の作品の中でも結構好きなアルバムで、よく聴くアルバムの1枚。

    JBIGY2015 (4)
    *数年前、地元の中古レコ屋で購入、ジャケットはぼろい

    何よりも、表題曲の「I Got You (I Feel Good)」が良いだけでなく、収録曲の大半以上がバラードタイプでなく、アップテンポのリズミカルなもの。その点こそが僕にとっては最も重要だ。



    いつもながら過去の曲が数多く含まれているものの、所謂ベスト盤扱いではない(はず)。

    そのあたり、King records時代のアルバムは、完全にオリジナル、つまり収録曲が初登場曲(あるいはアルバム未収録曲)ばかりで埋め尽くされたと言えるアルバムはJames brownの場合、数少ないように思う。
    と言うか、たいてい古い曲が半分以上を埋めているような印象がある。

    JBIGY2015 (8)
    *ジャケット裏面

    『I Got You (I Feel Good) 』は、前述の如く収録曲の大半以上がアップテンポのリズミカルなもので、A面には表題曲を含めA-1,3,5,6の4曲、B面にもB-1,3,4,5の4曲と全体の2/3を占める。
    ミドルテンポのB-6もなかなか良い。

    とは言え、収録曲の年代は幅広く、最新曲の「I Got You (I Feel Good)」は65年10月の発表のようだが、有名どころの「think」は60年の発表だし、「lost someone」は61年だ。
    それゆえ、サウンドにはバラつきがある。

    しかし、それでもこのモノラル盤で聴く限りは、録音状態の違いも許容範囲に思える。低音域の記録もまずまず。

    JBIGY2015 (16)
    *レーベル(初期盤)

    恐らく詳しい曲目解説は、先日再発売された本アルバムの国内盤CDのライナーに記載されているだろう。
    僕はCDを買おうかどうしようかと悩んでいるところ。

    と言うのも、ユニバーサルから“JB & FUNK 1000 BEST COLLECTION”として登場したCDシリーズは1枚税込み1080円なのだから、非常にお買い得だ。

    ちなみに、Jamのアルバムが5枚含まれる“PUNK! 1000 BEST COLLECTION”も発売されている。
    このうち僕はザ・ランナウェイズのアルバムを買った(笑)。



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR