All mod cons 米国盤

    先週は関東方面の出張で、都内の宿はべらぼうに高額になっていて宿を探すのが大変だった。
    推測するにPMの日本公演のためみたいだ。となると、2020年の東京オリンピック開催時は、もっと大変だろう。出張しようにも宿は取れないだろうなと思える。

    さて、出張期間に久しぶりに東京のレコ屋をいくつかはしごして、買って帰ったレコードの1枚がこれ。

    AMCUS (1)
    *英国盤ジャケットよりも色味が濃い

    先日紹介したJamの『All mod cons』の米国盤。600円台だったか。



    『All mod cons』の米国盤は、英国盤とは収録曲が違っている。
    以前紹介した2ndの『this is the modern world』もそうだった。他にも収録曲違いのアルバムがある。

    その収録曲違いは、B面の1曲目で、英国盤では「Billy Hunt」なのだが、米国盤ではシングル曲の「The Butterfly Collector」に差し替えられた。おかげで、B面の雰囲気がちょっと違う。
    *「Billy Hunt」も英国ではシングル曲

    AMCUS (10)
    *米国盤ジャケットにはA-5の「English rose」も曲名が載る(英国盤は記載なし)

    次の曲「It's Too Bad」とのコントラストが強いのは米国盤の選曲だけれど、この流れで聴くのは初めてなので違和感がないと言えば嘘になる。
    かと言って「Billy Hunt」にそれほど心奪われていたわけではない。
    単体の曲としては、「The Butterfly Collector」の方が良くできた曲だと思っているので、米国の選曲意図はよくわからないが、悪くはない。

    実は、米国盤の音質はどうだろう?という興味こそが、このLPを買った理由なのだが、僕が持っていた(他の)Jamの米国盤LPの音質は、英国盤よりも劣るかあまり変わらないかのどちらかだった。
    劣ると思えたのは、2ndとラストの『the gift』、変わらないと思えたのは編集盤の『Snap!』。

    AMCUS (7)


    そして、『All mod cons』は、あまり変わらないのでは?と思えた。
    しかし、そうは言っても音の傾向(バランス)はずいぶんと英国盤と違っている。

    米国盤は英国盤の高域の艶や強調感をなくした変わりに、ぶっとい低域(実際はボーカル帯域の低い音域あたりから太くなる)になり、各楽器やボーカルの音の分離も劣っている。そういう点からすると、「音質は劣る」としても良いのかもしれないが、これはこれで、英国盤とは違った魅力があり、「良い音だ」と思えるレベルにある。

    A-1はさすがに、イントロの「1-2-3-4」からしっかり収録されている(本来、当然なのだが)。

    残念なのは、レーベルが普通のPolydorで、カスタムレーベルになっていない点。

    AMCUS (19)

    あと、僕が買ったものは、レコード収納袋はプレーンの白だった。歌詞が印刷されたオリジナルインナーが米国盤に付属していたかどうか不明。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    こんばんは♪

    いやぁ、この「The Butterfly Collector」の差し替えは初耳…じゃない、初めて知りましたよ♪

    セカンドの「All Around The World」の追加や「Sound Affects」の「Start!」始まり+シングル付きは持って知ってましたけど…♪

    なにげに最近はザ・ジャムの最高傑作の心のランキングのトップにいる?このアルバム、所有盤は普通の収録曲の米盤です…レーベルはやはり赤いポリドールっす…ターゲットのカスタム・レーベルが欲しいっす…うふ♪

    追記…♪

    あ、ちなみにその米盤レコ、歌詞とスクーターの載ったスリーブは付いてます…♪

    Re: こんばんは♪

    へどろんさん、こんばんは。
    コメントどうもありがとうございます。

    > いやぁ、この「The Butterfly Collector」の差し替えは初耳…じゃない、初めて知りましたよ♪

    そうでしたか。
    それはお役に立って何よりです。

    > 「Sound Affects」の「Start!」始まり+シングル付きは持って知ってましたけど…♪

    シングル付き5thの方がよっぽど貴重ですね。
    確か、4thも選曲か曲順が違っていたような記憶があります……あくまで記憶ですが。

    > 所有盤は普通の収録曲の米盤です…レーベルはやはり赤いポリドールっす…

    え、英国盤と同一収録曲ってことですね?
    しかも、インナーもついて?
    僕はそれこそ初めて聞きました。
    へどつぶステーションで是非取り上げてください。


    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR