Sentimental Journey

    中学時代にBeatlesのLPを友人たちと手分けして購入し、Beatlesの公式曲はなんとか全曲聴くことができたのだが、ソロアルバムとなるとそうは行かなかった。

    偶然当時ラジオの深夜放送で長期間にわたりソロアルバムの特集があり、小遣いからするとまだまだ高価だったカセットテープを数本エアチェック用に購入。
    とりあえずタイマー録音し、聴いて気に入ったものは残し、気に入らないものは上書きしていくことにした。

    RingoSJ (1)
    *英国盤LP、ジャケット両面コーティングあり

    その際、予想外に気に入ったアルバムの1枚が実はこのRingo Starrの1stソロアルバム『Sentimental Journey』だった。



    このアルバムでのRingo Starrのボーカルをうまいと思ったことはない。
    それにこのアルバムは僕が好きなrockアルバムでもなかった。
    でも何故かわからないが、気に入ってしまったのだ。もしかしたら、アルバムで取り上げている曲のうち数曲はメロディを聴いたことがあった(知っていた)からなのかもしれない。

    このアルバムはご存知のとおり、全曲いわゆるスタンダードナンバーを取り上げた(カバーした)もの。

    今だったらまさにPaul McCartneyあたりが作りそうな気がするアルバムだけれど、自分で曲作りをしなかったRingo Starrは、4人のメンバーの中で一番最初にそれをやった。
    *3/15追記:Ringoも曲を作っていることはファンには周知の事実、でも僕の言いたい意味もわかってもらえるだろう

    RingoSJ (3)
    *建物の扉部分にRingoの白黒写真が合成されている, このジャケットからは映画マジッククリスチャンで見られる英国の景色を思い出す

    アルバムのproducerはGeorge Martinで、演奏はGeorge Martin Orchestraによるもの。昔はてっきり、このdrumsはRingoなのか?などと飛躍した想像をしていたが、そうではないらしい(たぶん)。

    アルバムの特徴としては、全曲、それぞれアレンジャーが異なる点。
    これが功を奏したのだろう、個人的にはどの曲も似たり寄ったりという印象が昔からない。中には好きでない曲も選ばれているが、それはそれ。

    RingoSJ (5)
    *レーベル

    けれども、そのサウンドはゴージャスとは言いづらく、この手のスタンダード曲の録音よりもBeatlesっぽいRockの録音のように僕は思えて仕方が無い。

    伴奏の楽団は2トラックでステレオ録音すれば良いものを、マルチマイク、マルチトラック録音となり、それぞれのトラック間での音の干渉がなくスタジオの空間・奥行き間が感じられない。
    それに如何にも69~70年頃の英国rock録音同様にベースを含む低域がやたらと分厚い。この手の曲の場合にはちょっと録音スタイルが違うのでは?と言う印象。

    そしてLPでは、如何にも当時の英国盤らしく、高域が控えめでやや暗めの音と言って良いかも。

    そうは言っても、このアルバムは何故か悪くないと思っている。

    RingoSJ (4)
    *ジャケット裏面、このRingoの写真も合成のようだ

    そして、Ringo Starrの2枚目はカントリー曲を取り上げたアルバムで、それも当時気に入ってカセットでよく聴いたものだった。

    RingoSJ (2)
    *窓にもたくさんの人の写真が合成されている、誰の写真なのだろう?僕は知らないが、もしかしてオリジナルバージョンを歌った人とか?

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    No title

    こんにちは。
    私もこのアルバムの曲を初めて聴いたのは74年頃の深夜放送の特集番組でした。
    まだソロ作品まで買う余裕がない時期だったのでカセットに録音して当時はよく聴いてましたが「慕情」が流れたのは覚えています。
    大好きなアルバムでよく聴きましたが、ソロ作品としてはビートルズ・ファンにあまり聴かれていない部類に入るのかもしれませんね。

    Re: No title

    てらださん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    > 私もこのアルバムの曲を初めて聴いたのは74年頃の深夜放送の特集番組でした。

    そうでしたか。僕はその4~5年遅れだと思います。
    時代的にも年齢的にもラジオ放送は身近で、有用な情報源でしたね。

    > 大好きなアルバムでよく聴きましたが、ソロ作品としてはビートルズ・ファンにあまり聴かれていない部類に入るのかもしれませんね。

    てらださんもそう思ってましたか。
    僕も同感です。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR