Rolling Stonesの1stアルバム(7)豪州盤

    オーストラリアで発売された60年代のRolling StonesのLPも、基本的には英国盤に準拠している。ただし、中には米国独自盤もオーストラリア・プレス盤で発売されている。

    これはオーストラリアでのRolling Stonesの1stアルバム。
    JL1 (31)




      見ておわかりの通り、裏ジャケット。折り返しがある。
      英国盤とはデザインが変更され、中央にあったロゴのような大きなグループ名は無くなり、真ん中にコンパクトにおさまっている。使われている写真は英国盤と同じ。

      1018 (17)
      *参考までにこちらが英国盤

      表ジャケットは英国盤と同じ写真だが、英国盤とは印象が違う。
      JL1 (32)

      英国Decca特有の白枠がオーストラリア盤には無い。
      そして、ジャケット表面にもコーティングがない。これはオーストラリア盤のBeatlesの「Please Please Me」と同じ。

      JL1 (34)
      レーベルは英国盤に近いデザイン。
      このレコードのスタンパーは英国と同一なので、ほぼ英国盤と同じ音がする。マトリクスはA面1A、B面4A

      関連記事
      スポンサーサイト

      テーマ : 洋楽ロック
      ジャンル : 音楽

      コメント

      Secret

      プロフィール

      JD

      Author:JD
      自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

      最新記事
      最新コメント
      最新トラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリ
      カレンダー
      09 | 2017/10 | 11
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -
      検索フォーム
      RSSリンクの表示
      リンク
      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード
      QR