アナログレコードブーム?

    巷で聞くアナログブーム(?!)は、日本だけに限った話でなく英米も同様の様子。

    先日紹介したWhoの7インチ盤のボックスセット『The Brunswick Singles』の次に、T.Rexの『The 7" Singles Box Set』も登場予定。
    trexsinglesvinyl.jpg
    こちらは26枚組とのことで、Whoのボックスの倍もしない価格(英Amazonでは、1.75倍)なのに、収録される盤の枚数は3倍以上!(Whoは8枚組)。いかにWhoのボックスが高価か。1枚あたり1000円としても8千円でしょう。



    それにしても、去年くらいから本当に再発LP、シングル、そしてボックスセットが増えた気がする。

    結局、どこの国の状況を見ても、物理的な音源にこだわり、実際に購買する層は、現在40代以上の人なのではなかろうか?

    つまり、クラシックロックと呼ばれる60年代70年代のロックファン、あるいはoldies呼ばわりされる50年代rock/popsファン、あるいは、50~60年代のJazzファンで、レコードを聴き育った世代。CD世代ではなく。
    明らかにその層に向けての商品が数多く発売されている。

    これをカモにされていると見るのか、あるいは、うまいマーケティングだと見るのかは、実際に発売された商品の価格と品質によって判断が分かれるところ。

    去年僕が買った中で最大の失敗商品はCreamのボックスセット。あの音質(マスタリング)はひどかった。
    もし全ての商品が同様であれば、カモにされていると思える。
    *ちなみに、CreamのLPボックスの音質は、過去の国内盤LPよりは音質向上していると思っている。けれども、再発LPと同一マスターを使ったと思われるSACDやSHM-CDとの音質と比較すると、LPのマスタリングは明らかに劣る。それが僕には許せない。

    けれども、それ以外の再発盤はBeatlesのmonoボックスにせよ、CCRのボックスにせよ、Blue noteの75周年記念重量盤にせよ、どれもクオリティは高いと思った。

    できれば、いきなりどっと再発されても追いつけないので、それこそ10年くらい前からひそかなブームになっていれば、急に再発が増えることもなかったろうに……などと思えなくもない。

    ただ、過去にはBeatlesのstereoボックスのような中途半端な結果となった再発もあり、今後もそのあたりは情報を常にウォッチしておかないといけないようには思う。

    また、60年代初頭までの音源を使用し安価なレコードを出す廉価レーベルの商品は、音源が板起こしであったり、盤の品質も当たり外れがあるため、ネットで買う場合には必ずレーベルをチェックしたほうが良さそうだ。

    知らずに買って、「しまった」と思うよりも、わかっていて買ったのであれば、結果に納得できると思えるので。





    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    JDさん今日は初めて投稿させて頂きました。いつも詳細で深い分析と考察とても勉強になります、ありがとうございます。
    近年リリースされているレコードはアナログマスターではなくデジタルマスターとかでもそれって型はレコードでも中身が違うような気がしますしファンを大切にしていないような気がしますがJDさんはどのように捉えられていますか?
    盤起こしですが例えばビートルズのプリーズプリーズミーのゴールドパーロフォンのニアミント盤があったとしてそれを元にレコードを作ったらいいモノが出来そうな気がするのですがそれは理論的に無理なのでしょうか?
    以前、レットイットビーのラウドカット盤に触れて居られましたが定価
    2000円表示のモノがラウドカットでよろしいのでしょうか?
    以上、質問ばかりしてしまい恐縮ですがレコードにあまり詳しくないのでご教示頂ければ幸いです。よろしくお願い致します、失礼致しました。

    Re: タイトルなし

    Jimyna Pageさん、こんばんは、初めまして。

    ご質問の件、返答を書いていたらものすごく長くなってしまい、コメント欄では厳しいと思えました。
    ですので、申し訳ないですが、記事扱いで載せたいと思います。
    少々お待ちください。

    ただ、これだけは回答しておきます。

    > 以前、レットイットビーのラウドカット盤に触れて居られましたが定価
    > 2000円表示のモノがラウドカットでよろしいのでしょうか?

    僕自身、国内盤コレクターではないので、2000円表示時代の盤が全てかどうかまではわかりません。
    あのLPも帯つきで500円箱の中から拾っただけでした。

    但し、少なくとも2000円表示時代の盤の中に、あのJISマークをつぶした盤が混じっていることは確実だろうと思われます。
    それらしきLPを見つけた場合、検盤してrun-off部分を確認するのが一番間違いのない見分け方です。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR