4 seasonsの国内盤 ベスト・ポップ・ヒット

    これは今年の出張時に広島で購入した、4 seasonsのLP
    『ベスト・ポップ・ヒット』(SFL-7192)。

    ragdoll2014 (6)





    ファンにはご存知、1964年発売の米国オリジナルアルバム『Rag doll』のジャケットを流用し、A面を『Rag doll』からの6曲、B面を同じく64年のアルバムで『Rag doll』の前の『Dawn』からの6曲で構成している。

    Rdoll2014_2 (2)
    *曲目はクリックで拡大

    当時はこのように、本来2枚のオリジナルアルバムから半々を片面ずつに配する選曲の日本独自盤LPがそれなりにあった。

    『ベスト・ポップ・ヒット』と裏面に大きく書かれてある。
    帯にもこの邦題が書かれていたのだろう。

    ragdoll2014 (2)


    僕が買ったのは当然ながら帯無しだ(笑)。帯付きなら4~5倍の購入価格になっていただろう、帯無しなので2千円台だった。

    『ベスト・ポップ・ヒット』という邦題が本当かどうか?個人的にはちょっと怪しい。
    アルバム『Dawn』から漏れた曲には、当時日本でそれなりに知られていた「Breaking up is hard to do」、「Do you want to dance?」があり、逆にこちらを収録したほうがベスト・ポップ・ヒットのタイトルに近づいていたのでは?と思えてしまう。
    そういう意味で選曲意図がよくわからない。

    あるいは『Dawn』のジャケットで別の独自アルバムが既に国内発売され、そこにこれらが収録されていたのなら話は別だが。

    ragdoll2014 (3)
    *ジャケット裏は当時の日本盤そのもので、日本語解説(左列)と歌詞


    4 seasonsの音源は米国準拠で、日本のみのtrue stereo mixなどは存在せず、mono音源曲(A1,A2,B3,B5)は擬似stereoになっている。

    ragdoll2014label.jpg
    *レーベル

    Stereo音源に関して言うと、音質は低域もしっかりと刻まれ、良い部類だと思う。
    今回はオリジナルの米国ステレオ盤を探す余裕がなく比較はしていないのだが。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    JDさん、おはようございます。

    ホント、選曲意図がわかりませんね。モノ音源の疑似ステレオでの収録情報ありがとうございます。当時の日本のレコード会社ならそうするでしょうね。

    それにしても、この盤はフォー・シーズンズ表記ですけど、レコード会社や時期によってフォー・シーズンスと濁点が取れてしまったり、フォア・シーズンズになっていたり、統一が取れていませんね。

    ところで、ライノのThe 25th Anniversary Collectionに入っているフランキーのI Make A Fool Of Myselfってモノラルですか、ステレオですか?

    プライヴェート・ストック盤ベスト『GOLD』ではまだモノラルで、エース盤CDはステレオなんですよね。

    お時間のある時で構いませんので、確認して頂けますか? よろしくお願いします。

    Re: タイトルなし

    鳩サブローさん、こんばんは。
    コメントどうもありがとうございます。

    > ところで、ライノのThe 25th Anniversary Collectionに入っているフランキーのI Make A Fool Of Myselfってモノラルですか、ステレオですか?

    持っている4枚組LPセットではモノラルでした。CD版は不明です。
    昔CD版の同セットも持っていた記憶があり、そこではLPとは違った音源が一部使われていたように覚えています。違いはまさにMono/Stereoどちらを採用するかでした。

    ちなみに、LPセットでは「Can't take my eyes off you」もモノラルです。

    No title

    JDさん、本題から外れていますのに早速の回答、ありがとうございます。

    そうですか、モノラルでしたか。そして「Can't Take My Eyes Off You」とは。LPもCDも買っておかないとダメそうですね。LPは何度か買うチャンスがあったんですけど、スルーしてしまっていたので…。

    ところで昨日新宿の某店で、日本ビクター/フィリップス盤『フォー・シーズンス・エンターテイン・ユー』の帯付きが12,000円で売られているのを見かけました。帯のデザインはそっけないし、あれをありがたがる理由がどうにも理解できないんですよね。

    特にフォー・シーズンズの場合、状態のいい米オリジナル盤が安く買えますからね。もっとも、『ジャージー・ボーイズ』のおかげで値が多少は上がりそうですけど。

    Re: No title

    鳩サブローさん、こんばんは。
    どういたしまして。

    >LPもCDも買っておかないとダメそうですね。LPは何度か買うチャンスがあったんですけど、スルーしてしまっていたので…。

    実はLPとCDとでの使用音源違いの件、うる売る覚えです。
    なので、100%正しいかと問われると自信はないです。

    過去に数回、引越しの際にLPとCDを何度も処分している中で彼らのCDやLPも処分しており、今は手元にないので確認できません。CDを売り、LPを残したわけですね。

    > ところで昨日新宿の某店で、日本ビクター/フィリップス盤『フォー・シーズンス・エンターテイン・ユー』の帯付きが12,000円で売られているのを見かけました。

    またまたとんでもない値段ですね。
    と言って、僕もジャケットがPhillipsからの最初のベスト盤でありながら、収録曲は(たぶん)「Born to wander」だった(笑)日本ビクター/フィリップス盤の帯つきが1万円ほどの値段で福岡で売られているのを見ましたよ。
    帯が8千円、ジャケットと盤は2千円なのでしょう。

    >帯のデザインはそっけないし、あれをありがたがる理由がどうにも理解できないんですよね。

    わからなくて良かったと自分では思っています(笑)。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR