Jersey BoysとWho loves you

    木曜の夜(9日)に時間を作って福岡市内の映画館でなんとか「Jersey Boys」を観ることができた。
    もしかしたら10日(金)で打ち切りかと思ったので焦った。

    JBjacket.jpg
    *サントラ盤のCDジャケット写真らしき

    結果的にはもう1週間延長となったようで嬉しい限りだ。

    音楽映画として(かなりはしょった感はあるが)十分に良くできている。
    それなりに脚色されているのは知っているが、それでもグループの生い立ちと言うか、オリジナルメンバー間の関係がああいう縁だったと言うのは驚きだった。


    でも4seasonsを知らない人が観れば、普通に映画のストーリーとして受け入れるんだろうなと思える。

    知ってる曲しか登場しないのだけれど、同じ曲が何度もと言うのがちょっと残念だった。あと数曲は別のを使って欲しかった。

    そうだった、一つ驚いたエピソードがあった。
    本当かどうかはわからないが、彼らの初の大ヒット、1962年2月7月発売の「Sherry」のダブルトラックのリードボーカルは、以前僕も指摘したが、映画の中ではそんなことは過去に誰もやったことがない、との話になっていた。
    何とも言えないが、時代的にはそうであってもおかしくはない。
    *10/13訂正:鳩サブローさんからのコメントにあるように発売は62年7月、それと確かにBuddy Hollyが50年代にダブルトラックをやっていた。他にもやっていた人がいたかもしれない。


    映画を観終わったときの僕の一番強い思いは、「これは映画よりも、元となったミュージカルを観て見たい」というものだった。生であの歌を聴いて踊りを見たなら、いっぱつでやられそうだ(笑)。

    映画に関してはサントラCDが(注文したものの)まだ届かず紹介できないので、1975年の復活アルバムとも言える『Who loves you』を。

    wholovesyou (4)
    *米国オリジナル盤、内袋には歌詞付き

    1970年のLP『Half and half』を最後にPhillipsを離れてMotownに移籍したものの、その間に1枚のLP(72年の『Chameleon』)しか出さず、このアルバムを出す75年までグループとしてはちょっと低迷期だったように思う。その間、Frankieのソロ「My eyes adored you」が大ヒットするわけだが……何故か映画の中ではかなり古い時期に子守唄として口ずさんでいたが、きっと脚色なのだろう。

    ここには映画にも使われた全米No.1&全英No.1ヒットシングルの「 December, 1963(Oh, what a night)」や全米No.3ヒットの「Who loves you」が収録されている。
    それだけでも、(しょぼい表ジャケットだけれど)持っている価値があるアルバムだと言える。
    他にもシングル曲となった「Silver star」も収録しているし。

    wholovesyou (8)
    *ジャケット裏面

    ここではFrankie Valliがリードボーカルを受け持っていない曲も含まれるが、それがグループとしてのまとまりの良さを伺わせる(ような気がしている)。
    全曲Bob Gaudioの作曲。作詞はGaudioとJudy Parkerの共作扱い。

    wholovesyou (1)
    *レーベル(side-2)

    ジャケット裏面の曲順とレコードに収録された曲順は違っていて、ジャケット印刷後に曲順を変更したようだ。
    wholovesyou (10)
    *クリックで拡大

    アルバムのマスタリングをDoug Saxが手がけていて、音質は良い。
    残念ながら僕の持っているLPは一部盤質が悪いのだが。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    こんばんは。
    遂に『ジャージー・ボーイズ』ご覧になったのですね。おっしゃる通り、舞台も観てみたいですね。
    ダブルトラックですが、私もうっかりしててツイッターで「新しい」なんて書いてしまって、高橋健太郎さんから指摘されたんですが、既に50年代にバディ・ホリーがさんざんやってたんですね。
    で、ジョン・レノンも真似してたんだけど、同じように2回歌うのがかったるくって何とかなんないって言って、ADTが考案されたということですね。
    「Sherry」の時は8トラ使ってないよっていうのもツイッターで話題になっていました。
    そうそう、「sherry」の発売は7月です。

    Re: タイトルなし

    鳩サブローさん、こんばんは。

    > 遂に『ジャージー・ボーイズ』ご覧になったのですね。おっしゃる通り、舞台も観てみたいですね。

    福岡は1週間ぐらいしか上映しないのでは?と焦りましたが、若干期間が延びてます。
    僕が観た時はお客さん10人ぐらいだったので、観やすいと言えば観やすかったものの、せっかくテレビCMもしていたのだから、もっと入って欲しいところですね。

    > 既に50年代にバディ・ホリーがさんざんやってたんですね。

    確かに、やってましたね!
    すっかり忘れてましたが、「Listen to me」とかBeatlesがカバーした「Words of love」とかはダブルトラックだったような記憶があります。それでも、彼の発表曲数からするとそれほど多くないと言うか、珍しい部類だとは思っていました。

    > て、ADTが考案されたということですね。

    これは非常に有名ですね。

    > 「Sherry」の時は8トラ使ってないよっていうのもツイッターで話題になっていました。

    僕も4トラックか3トラックだと思います。

    > そうそう、「sherry」の発売は7月です。

    あらら、そうでしたか。昔調べた資料が間違っていたようですね。
    それで、今Rhinoの25周年LP Boxを観ると8月になってました。
    取り急ぎ訂正させてもらいます。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR