再生音が違う前提で、どこまで参考になる?

    補足の補足になるのかも。

    前回の最後にこう書いた。
    「なお、補足しておかないといけないかなと思えたのは、やはり再生システムで聴こえる音が全然違ってくる点。」

    実は数日前、急遽出張で東京へ行き、予定より早めに着いて、東京インターナショナルオーディオショーに1時間ほど時間を当てることができた。

    gage.jpg
    *オーディオ雑誌で見て気になっていたアナログ関連のアクセサリー



    やはり最近のハイエンドシステムは僕好みの音をしていて、ソナス・ファベールのあのスピーカー、さすがに金額的に手が届くわけが無いのだが(800万超え!)、良い体験をさせてもらった。


    しかし、それなりに普及価格帯(と僕は思っている)のスピーカー(2本で40~55万円程度)につなぎかえてデモが行われた際には、接続するアンプやプレーヤー類もスピーカーに合わせた価格体系に変更され、そこで再生される音は正直なところ自分のシステムと大差ない音質だった。
    確かに、僕が使っている製品もそのあたりの金額なのだから、そうなのだろう。
    最初に聴いた音が素晴らしかったので、その差は(音質的にも金額的にも)とてつもなく大きかった。

    同様に、振り返ってみれば、僕が90年代半ばまでに使っていた製品はハイエンドの入り口にも入っておらず、あれで聴いた音は今聴くとナローレンジに思えるだろうし、レコードの音質そのものが中音域中心だったにもかかわらず、深みがなかった。音を聞かせるグレードとして、価格帯からしても、攻めかたはそれで間違いではないと思うけど、さすがに出てくる音が今とは全然違う。

    だから、僕が記している内容は、僕が使っているオーディオシステムと同等の人には参考になるのかもしれないが、そうでない人にはどうなのだろう?と疑問にも思え始めている。

    それに先日書いたように、狙っている音が根本的に違っていたなら、同じ音を聴いても意見は異なるかもしれないし。

    と、そういう前提で読んでもらえれば、参考にしてもらえるのではないのかなと思った次第。

    LPkuri-na-.jpg
    *このレコードクリーナーも気になる(結構いい値段)



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりごと
    ジャンル : 日記

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR