Bob DylanのMONO盤のCD Boxセット

    一昨日、昨日と2日続けて、Dylanの新譜が届いた。
    新譜と言っても、実のところ古いレコーディングばかり。一つは以前の記事で発売予定を紹介したBootleg seriesの最新作「Witmark Demos: 1962-1964 the Bootleg Series 9」。そしてもう一つがDylanの初期のアルバムのモノラル盤を初CD化したボックスセット「Original Mono Recordings」。

    今日ようやく「Original Mono Recordings」を開封した。わけあって、今のところ聴ける状態に無く、音以外の部分のみを紹介する。
    dylan (1)




      dylan (3)
      Boxに収録されたのは1stアルバムから7枚目の「Blond on blond」までと、「Greatest hits」を飛ばして、その次に出た「John wesley harding」までの8枚のアルバム。

      dylan (6)
      そのうち、LPでは2枚組みだった「Blond on blond」も今回は2枚組みの仕様となっているので全部で9枚のCD。それ以外にも、MP3ダウンロードの権利もついており、そのダウンロードのみに加えられているのがシングルのみの発売の「Positively 4th street」のMONO音源。
      ちなみに、写真右上は付属のブックレット。

      dylan (8)
      こちらは収納ボックスと、「Blond on blond」見開き内側と、「Times they are a changin'」で再現された裏ジャケットに記載されたDylanの詩の続きのインサート。LP初回盤のみに挿入されていた。

      このボックスセットの情報をほとんど何も得ずに購入したので紙ジャケットと言っても海外製の単なるペーパースリーブみたいなもの(Beatlesの輸入盤のCapitolシリーズみたいなもの)を想像していたが、全く予想は裏切られた。非常にしっかりとした作りとなっている。日本製なのか?

      DylanB (1)
      「Blond on blond」の国内盤の紙ジャケット(写真下)と比較したところ、紙の厚さやCD挿入口などの丁寧な作りは両者変わらなかった。音質についても期待が持てそうだ。

      * 追記:
      1. 紙ジャケットはやはり日本製であることが判明。なるほど、出来が素晴らしいわけだ。
      (11/22さらに追記:実はこれは国内盤ボックスの広告を見て勘違いしてしまったため。米国盤ボックスの紙ジャケットは日本製かどうかどこにも表記がなく不明。しかし、実物の出来は従来の日本製紙ジャケットに劣らず素晴らしい。わざわざ紙ジャケットだけのために日本盤のボックスを買う必要はない。)
      2. Boxと同時発売の1枚もののCD「Best of the Original Mono Recordings」にBoxに収録されていない「Positively 4th street」が収録されている。
      3. 比較して聴いたわけではないが、3枚のアルバムだけ聴いた感想として、(記憶にある)オリジナルのモノラル盤ほどには低域は出ていない印象を受けた。実のところリイシュー・レーベルSundazedから発売されていた再発モノラル盤(アナログ)も同様の低域だったので、それがマスターテープに記録されたものに近いと思われる。
      関連記事
      スポンサーサイト

      テーマ : 洋楽ロック
      ジャンル : 音楽

      コメント

      Secret

      No title

      はじめまして。

      MONO盤のセット買われたんですか。
      羨ましいです。
      自分は試しに「The Best of the Original Mono Recordings」の方買ってみました。
      モノラル自体に馴染みが無かったのでちょっと分からない感じもしましたが、「Positively 4th Street」が聞けたのが新鮮でした。

      ところで「The Bootleg Series Vol.1-3: Rare & Unreleased 1961-1991」の輸入盤は再発されてるようですが、国内盤が絶版状態に近いみたいなんで、新しく出して欲しいです。

      それでは。

      Re: No title

      Keyさん、こんばんは。
      はじめまして。
      コメントありがとうございます。

      実は僕もセットの後に「The Best of the Original Mono Recordings」を買いました。Positively 4th Streetを聴くためです。MP3ダウンロードは、やはり携帯用PlayerやPCで作業しながらのBGMにしかなりません。
      レコードではGreatest hitのモノ盤に収録されているのですが、やはり新たな商品を出されると反応してしまいます。

      > ところで「The Bootleg Series Vol.1-3: Rare & Unreleased 1961-1991」の輸入盤は再発されてるようですが、国内盤が絶版状態に近いみたいなんで、新しく出して欲しいです。

      そうだったんですか。廃盤だったとは知りませんでした。
      それで英米日のAmazonで調べたら、英米では最近再発されたみたいですね。それなら、日本でも近々再発されるのではないでしょうか。個人的には、Bootleg Series の中では一番思い入れがあります。
      プロフィール

      JD

      Author:JD
      自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

      最新記事
      最新コメント
      最新トラックバック
      月別アーカイブ
      カテゴリ
      カレンダー
      07 | 2017/08 | 09
      - - 1 2 3 4 5
      6 7 8 9 10 11 12
      13 14 15 16 17 18 19
      20 21 22 23 24 25 26
      27 28 29 30 31 - -
      検索フォーム
      RSSリンクの表示
      リンク
      ブロとも申請フォーム

      この人とブロともになる

      QRコード
      QR