Tommy/英国初版と近年盤の比較

    今日は英国オリジナルLPを交えて3種類の見た目の比較。

    tommy3comp (8)
    *左からコーティングありの英国オリジナル、2013欧州盤、米国KG盤(つや消しっぽい仕上げ)

    その前に、今日も米国Kevin Greyカッティング盤のA面のみ聴いたが、昨日すっかり忘れていた重要なことを思い出した。実はKG盤は微妙に回転速度が遅い気がするのだった。
    それは、今日英国オリジナル盤も聴いてもそう思えたので間違いではない気がする。

    それと、今日聴いた限り(英国オリジナルとKG盤のみだが)、昨日書いた低域の不足感は強く思うことはなかった。

    では、比較してみようか。


    まずは、ブックレット。
    同じように左から英国オリジナル、2013欧州盤、米国KG盤の順。
    tommy3comp (3)

    英国オリジナルは少なくとも5桁までは独自のシリアル番号が打ってあった。その後はlimited edition numberの文字だけ残るが番号の刻印は無い。だから自分の好きな番号をスタンプできる(笑)。
    ドイツや米国の初版には最初から番号刻印は無い。

    tommy3comp (1)
    *英国初版のナンバリング書体は上の通り、真ん中の3345はBox setに入ってた盤も全く同じ。

    以前、某Yオクで明らかに偽のスタンプ(書体が異なるし、位置も怪しい)で0007だったか、そんな感じの番号が刻印されたブックレット付き、ジャケットコーティングなし、レーベルも2ndプレス以降の盤が「初版、1桁ナンバリング!」みたいな感じで出品されていた。
    1万円以上の値段で落札され、出品者が偽ったか、はたまた偽ったものを買わされた人が出品したかは不明。
    やはり入札する前に、正確な情報は必要だろう。

    tommy3comp (6)

    tommy3comp (5)
    *こちらの面も2013欧州盤と米国KG盤とで異なる文字が右上に入っている


    次はジャケット。
    左の英国オリジナルは裏面もコーティングあり。隣は2013欧州盤。

    tommy3comp (13)

    見開きを開くと、このように3面開きのうち左側が内側に折れている。

    tommy3comp (11)
    *下が英国初版、上は2013欧州

    但し、今回の米国KG盤は単なる見開きで3面開きではない。

    tommy3comp (10)
    *クリックで拡大、上が米国KG盤、下が2013欧州盤を3面開きにしたところ

    tommy3comp (12)
    *クリックで拡大、下が英国初版を3面開きにしたところ、上は2013欧州盤(わざと2面のまま)


    次はレーベル。
    まず英国初版はこのように左側にDouble Album(Record 1)などと表記。後のプレスではそれが無くなる。
    tommy3comp (20)

    次は2013欧州/2012Box set共通。Polydorロゴがある。
    tommy3comp (18)

    最後が米国KG盤。左にGeffinロゴあり。
    tommy3comp (16)


    以上で3種類の比較終わり。

    なお、英国初版扱いのLPをマト全て/1とすると、ブックレットにナンバリングなしのセットにもマト全て/1のものはある。
    英国盤を音質だけで選択するのであれば、わざわざブックレットにナンバリングが無くとも、マト全て/1のLPを買えば良いと思う。
    そのほうがきっと値段が安いだろうから。







    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR