The Beatles In Mono

    既に多くの方が知っていると思うが、とうとう9月9~10日発売でBeatlesのMono LPの復刻盤が発売されることになった。

    packshot.jpg
    The Beatles In Mono
    14LP Remastered Mono 180 Gram Vinyl + Book
    *公式HPより
    http://www.thebeatles.com/news/beatles-get-back-mono


    日本でのBox setの予約価格は本日時点でAmazon,HMV,タワレコなど全て6万円超えとなっている。
    英国でも同様の値段のようなのだが、何故か米国のAccoustic soundsでは現状の為替レートでも4万円を切っている(但し、送料は別)。なんとなく後ほどに修正される気もするが。

    前回のremastered Stereo LPs発売の際には、アナログレコードの物理的なノイズや内周音歪をあらかじめマスター音源側にて補正しようと、おかしなマスタリングによって原盤が制作されたおかげで、なんとも微妙なサウンドになってしまった。

    偶然、つい10日ほど前にPPMを英国YP、Mofi、Remasterd LPのステレオ盤で聴き比べていたのだが、Remastered LPの独特な音質には今更ながら苦笑せざるを得なかった。

    今聞くと、全体の帯域バランスもかなり補正が施され、あのLPを聴くと60~70年代プレスの英国盤LPの音は想像できない。
    現代的な録音に近づけるよう、低音域がかなり補強されているだけでなく、(おそらく)ふくよかな中音域を狙ったのだろう、密度の濃い中音域になっている。

    僕自身は音質補正肯定派だと思っているが、過去のプレスと比較してしまうと、やり過ぎの感をぬぐえない。

    そのように、マスタリングのプロセスに難があったにもかかわらず、当時続けて発売予定だったMono LPsはremastered Stereo LPsと同様のマスタリングを施して、既に原盤までも制作済みだった。

    しかし、市場の声を聞き、それら用意周到に準備された原盤を破棄して、新たに60年代当時の原盤製造過程に基づいて、(CD Mono box用のデジタルマスターでなく)オリジナルのアナログマスターから原盤が作成され、ドイツの工場でプレスされることになったと公表している。

    僕個人は、今回のプロジェクトの製造主任?のエンジニアの仕事に対しては少し懐疑的なところがある。
    前回のStereo盤を紹介する映像を見た時にものすごく自信満々に今回のLPは最高の音質になると言っていたし、さらには、先日取り上げたT.Rexのremastered CDの音質にもすごく落胆させられたからだ。
    正直、この人にはあまり音をいじって欲しくないと思わざるを得なかった。

    なので、今回のMono LPsの音質についても、表向きには外部の高音質LPを製造する会社以上に手間隙かけて、それこそ日本の会社がBlue Noteのオリジナル盤の完全復刻を目指すのと同じくらいに力を入れているんだぞといわんばかりのアピールなのだが、前回大きく期待を裏切られた以上、どんな製造過程を踏もうと結局は音を聞くまでは信用できない。
    僕には作業工程よりも音こそが全て。

    そして、Remastered Stereo LPsと同様、Box setでなくアルバム単品販売もあるようだ。

    なお、詳しくは路傍の石さんのブログ「帝都熱烈音盤解放戦線」や野良さんのフォーラム「ビートルズ音源フォーラム2」に取り上げられている。
    参考になるに違いない。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    JDさん、ご無沙汰しております。
    私のフォーラムをご紹介いただきましてありがとうございます。

    今回のモノ・アルバムがアナログ・マスターから改めて作られたというのは驚きました。
    当時のカッティング・ノートまで参照するという徹底振りはすごいですね。

    一方で、当時とは機材やエンジニアなどの条件が異なるなかで、昔の盤のクローンを作るような制作方法が本当に望ましいのかということも少し考えてしまいました。
    エンジニアのアイデンディティは何処に?という気がしないでもありません。
    (実際のカッティングではどの程度当時のノートに忠実だったのかは分りませんが。)

    でも前回のステレオ盤ではそれが裏目に出たとなれば、このようなアプローチになるのもむべなるかなというところでしょうか?
    アナログ盤を買う層は、どちらかと言えばオリジナル盤の音の再現を望む方が多そうに思われますし。

    この復刻モノ盤に対するJDさんの音質評価を楽しみにしています。
    (プレッシャーにならないといいですが。)

    Monoについて

    管理人 様
    初めて投稿させて頂きます、管理人様のブログの内容については深い見識と洞察力にはいつも感心させられて居ります。今度発売されるF4のモノのアルバムのboxセットですが疑問に思っていた事が管理人様ご紹介の路傍の石さんや野良さんのブログやフォーラムがとても参考になりました、ありがとうございました。未だ売れ残っている09リマスターのステレオLPボックスの失敗を踏まえやはりほとぼりの冷めた頃、モノのリリースをするようですが 今回 は売り切るためにデジタルリマスター音源ではなくオリジナルのモノに出来るだけ近い形でリリースするようですがメーカーは限定盤、限定盤と煽っていますが管理人様ご指摘のようにサウンドがオリジナルのように素晴らしいのか聴いて見ない事には分かりませんし、ジャケットもオリジナルに近いモノを出すような話しですがそれとて現物を見てみない事には分かりません。前回、国内盤のステレオboxを購入しましたが帯びと解説がついただけでeu製の輸入盤の安い時の倍の値段で購入してウンザリして以来boxモノは輸入盤に切り替えました。今度のモノも輸入盤が半額くらいになったら購入しようと思っています、、、ステレオboxはデジタルリマスターならモノラルも09デジタルリマスターで出すのが自然な事だと思うのですが売れないと困るのでデジタルリマスター音源は辞める、、、それじゃあ09のデジタルリマスター音源を使用したステレオboxはなんだったんだと思ってしまいます、メーカーはF4のファンはいくらでも買ってくれるしどうにでもなるもんだと思っているのでしょう。ファンは舐められっぱなしですね。話しがだいぶそれてしまいました。すいません、ありがとうございました。

    Re: No title

    野良さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    >一方で、当時とは機材やエンジニアなどの条件が異なるなかで、
    >昔の盤のクローンを作るような制作方法が本当に望ましいのか
    >ということも少し考えてしまいました。

    僕もその点は気になりました。
    復刻盤に何を求めるのか人それぞれ考えが違うとは思いますが、現在の高音質再発アナログ盤を聴くと、僕など音質的にはオリジナル盤を超えているなと思ってしまうものも多く、できればその方向性での復刻を望むところです。

    80年代の国内再発Monoの音質は超えるだろうと(希望的?)推測はしていますが、果たしてどうなるやらですね。

    Re: Monoについて

    ヤスさん、こんばんは。
    はじめまして。初コメントどうもありがとうございます。

    今回のMono Box発売のアナウンスにアナログファンは期待と不安が入り混じっているのではないでしょうか。

    結局、今回のプレスが良く出来た商品かどうかは音を聴いてみないと判断がつかないものの、仰るとおり限定盤扱いとなるため、Stereo boxのように予想外に売れ残る事態もあれば、本当に手に入りにくい状態になる可能性もあって、これについては僕も毎度悩むところです。
    とはいえ、Record store day用の商品でない限りは、そこそこの数は製造するだろうと思うのですが。

    単品で1枚試し買いしてからBoxの購入を検討することもありだとは思いますが、それよりも全て単品購入するつもりで最初に1枚だけ買って確認する手もあります。

    いずれにせよ、今回のMono盤が納得できる音質で製造されていることを祈るしかありません。
    そういう観点から言うと、外部の信頼できる会社にマスタリング~カッティングまで製造委託してくれたほうがすっと安心できたんですけどね。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR