Tommy 関連

    このところいろいろと大変でブログまで手付かず。
    そこで簡単に、情報のみ記すことにした。

    最近、Whoの『Tommy』関連で次の2点を購入。
    ・映像作品『Sensation~the story of Tommy』
    ・今年3月発売の2枚組LP(Super Deluxe Editionに合わせて発売予定だったので、当初2013 remasterと謳われていた)

    まず、『Sensation~the story of Tommy』について。

    sensation.jpg


    僕は最も高額な日本版のブルーレイを買ったものの、画質・音質面で判断すると正直なところDVDでも良かったと思った。

    また、値段差がかなり大きいことから、日本語字幕の無い英語字幕版でも良かったと今では思っている。

    内容に関しては、僕のようなアルバム『Tommy』のマニアックなファンからすると、(昨年に出たPeteの自伝やSDE版の解説もあるので)ほとんどが知ってる話ばかりで、目新しいと思えた点は思い出せない。
    米国のオペラハウス出演のニュース報道部分ぐらいか?

    マニアックなファンだからこそ観たいと思うはずなのだが、そういうファンが狂喜する内容とは言えない。

    逆に『Tommy』をあまり知らない人には、驚くほどの情報が含まれているのかもしれない。

    次に、結局発売が予定よりも3ヶ月ほど遅れた2枚組LP。
    tommy2014.jpg
    当初、SDE版と同時期に発売の予定だった。
    そのため、事前情報ではSDE版同様、2013 remasterとなっていた。

    けれども僕はその情報を疑っていた。
    もしかすると、2012年に出たBox set、『Studio Albums』収録のLPと同一ではなかろうか?と。
    しかし、『Studio Albums』の場合、2012年発売なので2013 remasterではない。となると、新たにremasterされた?あるいは、2013 remasterそのものが、本当は2012年の作業なのでは?と言う疑問があったのだ。

    で、届いたLPは果たして、『Studio Albums』収録LPと全く同じだった(苦笑)。
    付属のブックレットにはシリアルNo.が入っていたのだが、何と今回の単体発売でも同じ番号の3345ではないか!

    『Studio Albums』が限定プレスだったので、てっきり『Tommy』の付属ブックレットはわざわざ一つ一つに番号をスタンプしたのだと思っていたのだが、実際は番号まで印刷だったわけだ。がっかりさせられた。

    とは言え、音質は以前『Studio Albums』を紹介した際に記したが、近年のハイレゾ的な音傾向でのプレスとなっていて、個人的には高く評価している。

    なお、(これも前回記した気がするが)LPは英国オリジナルと同様にside-1/4とside-2/3でプレスされている。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR