Pretty flamingo その2

    最近登場したManfred Mannの国内の紙ジャケットCDアルバム集は、過去発売されてきた中で最も充実した、そして最もマニアックな内容になっているように思う。
    僕も1枚くらい買おうと思っている(全て買う余裕がない)が、現在検討中といったところ。

    それはさておき、去年の春にManfred Mannの英米カナダ盤LPを紹介した際にはmonoしか持っていなかった『Pretty flamingo』のstereo LPをその後2種類購入していたのでこの機に紹介を。

    まず米国オリジナルstereo盤『Pretty flamingo』(UAS6549)

    prettyfl2 (16)


    ここに収録された音源に擬似stereoは無かった。

    Mono盤は、他のManfred Mannの米国Monoアルバムよりも1ランクほど音質が劣ると感じたが、Stereo盤も同様かもしれない。

    prettyfl2 (12)

    ちょっとお茶を濁した言い方をせざるを得ないのには理由がある。
    僕が購入したstereo LPは、EX評価だったにも関わらず、実際は塩ビ焼けにより終始サーフェスノイズがつきまとう盤だった。おかげで本当の音質が見えにくく、正直よくわからない。
    ただ、Mono盤を聴いた後にかけて受ける印象は、あまり変わらないのでは?というもの。

    prettyfl2 (17)


    そのような音質に関するモヤモヤを吹き飛ばしてくれたのが、その後購入したこちら。

    prettyfl2 (4)

    昨年Sundazedから、LPとしては初めて再発された(約45年ぶりの再発)180gの重量盤LP。

    音質は比較にならぬほどの高音質になり、LPとしては、かなりマスターテープに近づいたのではなかろうか。

    prettyfl2 (10)

    ジャケット表面に貼られたシールには“from the original masters!”とあり、その言葉に違わぬ高音質LPだ。
    不思議なのは何曲か左右チャンネルが反転している点。

    それは、もしかするとオリジナルの米国LP用のマスターが英国でのコピーの際に反転してしまったせいなのか?米国でカッティングの際に左右逆にしてしまったからなのか?あるいは、Sundazed盤が逆転してしまったのか?

    prettyfl2 (6)
    *音質ではSundazed盤だが、ジャケット画質ではやはりオリジナルLP

    確認のために70年代の編集LP『Semi-detached suburban』(写真下)から「Pretty flamingo」を聴くと、左チャンネルから始まる(こちらに、イントロのアコギ、Drums、Bassなどベーシックな演奏)。そして、米国オリジナルstereo盤も同様。
    これに対してSundazed盤が逆転と言う結果だった。

    prettyfl2 (14)

    話は完全に逸れてしまうが、久しぶりに『Semi-detached suburban』を聴くと、Fontana時代のシングル「Semi-detached suburban Mr. James」がtrue stereoで収録されていて驚いた。すっかり忘れていた。
    それにしてもこの曲は中学の頃にエアチェックしてよく聴いたお気に入りの曲だったが、今聴いても素晴らしい。

    それにDylanのカバー「Just like a woman」もtrue stereoじゃないか。これもすっかり忘れていた。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR