強烈な記憶、曖昧な記憶

    先日、Gerry and the pacemakersのLPなどと一緒に、探していた『Yesterday and today』の米国Rainbow Capitol Stereo盤がようやく出てきた。

    YandT2 (4)

    実は『Yesterday and today』のRainbow Capitol盤は、かなり偏ったイコライジングがなされ高音が強調され低音がスカスカだった印象を受けた記憶があり、さらには、「Nowhere man」が独自mixだった記憶もあった。
    前者は強烈な記憶で、後者は曖昧な記憶だった。

    そして、久しぶりに対面したこのLPを聴いて、自分の記憶がどれほど当てにならないか痛感することとなった(苦笑どころか……)。


    高音が強調され低音がスカスカだった印象については、たぶん擬似stereo曲に対するものだったと思うが、確かに3曲とも右チャンネルは高域が強いが、それにしても左チャンネルの低音はスカスカと言うほどではなかった。

    他の曲も確認すると、A-6「Act naturally」は高域がかなりきつく低音は軽かったが、A-5の「Yesterday」は弦が入ってくる以前のアコギ+歌の部分でさえ、豊かな中音域を聴かせ、それだけでもスカスカな印象など全くない。

    英国シングル曲2曲は低音が薄いが、『Rubber soul』からの4曲は当時のBeatlesのLPからすると普通に低音は出ているはず(現在のrockの録音からすると、ありえないほどに低音域が弱いけれど)。

    と言うことで、結論として“高音が強調され低音がスカスカだった”僕の記憶は、強烈だったにもかかわらず、あまり正しくない記憶だったということになる。
    “高音は強めで低音は薄め”程度と記憶していればよかったのだが……。

    YandT2 (1)

    次に曖昧な記憶だった「Nowhere man」の独自mixだが、僕の記憶では、数枚持っているこのLPの(たぶん)Rainbow Capitol盤を聴いた時に、「Nowhere man」が耳慣れたmixとは違うぞ!と気付いて、レーベル違いの同一LPを引っ張り出して聞き比べした記憶があった。

    それは先日コメントをいただいた、「帝都熱烈音盤解放戦線」の路傍の石さんからのmix違い情報(「Nowhere man」の音の定位が違う)とぴったりと合ったと思った。同じ情報は研究本「全曲バイブル」にも記載されているとのことで、該当ページに記載を確認していた。

    ところが、「Nowhere man」に針を降ろすと、定位は変わっていなかった!まさに、「あれれ?!」状態。
    では、一体何をmix違いと思ったのだろう?

    はっきりしないものの、もう一つのmix違いである、間奏のリードギターが最後に鳴らすハーモニクスが逆チャンネルにパンする部分、あれが米国盤mixではパンしないという違いなのだろうと思えた。
    ただ何をmix違いと認識したかはおぼろげなのだが、その後、3枚のstereo盤を引っ張り出して聞き比べしたことははっきりと思い出したのだった(苦笑)。

    YandT2 (6)
    *左Stereo、右Mono

    オーディオ装置が変わると聴こえる音も変わるが、ブログに載せる場合でも記憶に頼らずにしっかりと確認しておいたほうが良いと改めて痛感した次第。

    YandT2 (8)

    ところで、「Nowhere man」の定位が異なる『Yesterday and today』のRainbow Capitol stereo盤は、ブッチャーカバー時のみのプレスだけなのか?あるいは、時期でなくプレス地域によって違いのあり・なしなのか(米国盤『Rubber soul』stereo LPのエコーありとなしの違いのように)?一体どうなっているのだろうか?


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ひとりごと
    ジャンル : 日記

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR