It’s the Searchers

    以下の2枚のアルバムには、前回取り上げたBetty Everettの「It's in his kiss (The shoop-shoop song)」がカバーされ収録されている。
    但し、タイトルは男性視点に立ち「It's in her kiss」となっている。

    itsserach1 (5)

    当時の英国beat groupらしく、双方ともデビュー時から米国R&Bを取り上げているが、面白いことに両者共にあまり黒っぽさを感じさせない個性を持ったグループだ。

    そのうち今回は左の『It's the Searchers』を。


    『It's the Searchers』は、Searchersの英国での3rdアルバムで1964年発売。
    残念ながらオリジナルmono LPが見当たらず、今回は再発盤で。

    itsserach1 (4)

    この再発LPは80年代初頭のプレスだと思う。mono(A-1,A-2,B-1)とstereo(残り)とが混ざった形での再発。

    itsserach1 (2)
    *レーベルはこのタイプ

    このアルバムは、全英No.1ヒット、「Needles and Pins」、「Don't Throw Your Love Away」の2曲を含むことで、若干のお得感がある。それに14曲入りだし。

    そして、「It's in her kiss」は、A面1曲めのオープニング曲として収録されている。イントロのアレンジはとても格好良い。

    このアルバムのサウンド面での特徴としては、アコースティックギターをリードギターに使用した曲を数曲(A-4、B-5、B-6)含むことだろうか(同じセッションでの録音かもしれない)。

    先日紹介したThe Tymes同様、Cameo-Parkwayからアルバムを出していたdoo-wopグループ、The Orlons のカバーとなる「Don't Throw Your Love Away」(B-7)では、folk rockのようなサウンドで演奏している。

    itsserach1 (3)

    このLP、本当に久しぶりに聴いたが、この曲(「Don't Throw Your Love Away」)でのバスドラムの音量はすごい。こんなにもドスドスと太い低音を刻んでいたとは!それに負けじとベースの音量も大きい。
    A-7の「Needles and Pins」も同様の音傾向だが、B-7の方がより強い。こういう音が聴けると嬉しくなってしまう。

    録音で面白いと思えたのは、A-3。
    この曲はfolk song(country song)のカバーで、pianoとアコギによるソフトな演奏。ここでのpianoの録音はstereo mixで聴くと、pianoがスタジオ左奥に設置しているかのように聴こえ、歌が入らなければまるで録音スタジオにいるようにも思えるほど。


    このアルバムは、全体を通して、初期のbeat rock/R&B路線から、folkあるいはアコースティックなサウンドへと幅を広げていく途上にある。そして、次作『Sounds Like The Searchers』で、アルバムの完成度が一つのピークを迎えることになる、と僕は思っている。

    itsserach1 (1)
    *『Sounds Like The Searchers』(右)と、ほぼ同内容の米国盤(左)

    さて昔から、Pye recordsから発売されたアーティストのレコードは、あまり音質が良い印象がなかった。けれども、Searchersについては、当時としてはクリアな音で録音している印象があった。

    ただ個人的に苦手だったのは、ボーカルのミキシング音量が大きめな点。相対的に演奏が小さくなり、beat groupというよりもボーカルグループに思えてしまう。

    もしかすると、そういう意図のミキシングなのかもしれないが、当時のlive演奏の映像を見ると、全然そんなことはなく、とてもアグレッシブでワイルドな演奏を披露している。その点から判断すると、彼らの音源のミキシング傾向では、グループの実像が伝わらず、とても勿体無く思えてしまう。

    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR