So much in love / The Tymes

    Frankie Valli and the 4 seasonsの来日時の東京で、昨年末に見かけたが予算的に購入できなかったLPを買った。

    The Tymesのアルバム『So much in love』(P-7032)。

    tymes.jpg

    Chubby Checkerで有名なParkwayレーベルから、1963年に発売された1stアルバムの2ndジャケット盤(先日はMarvin Gayeの2ndジャケット盤を紹介したが)。
    このアルバム、副題の通り、本来は今の季節と間逆な季節に聴くLPなのだが(笑)。


    僕はThe Tymesについては、黒人のdoo wop groupと言うこと以外ほとんど何も知らないのだが、表題曲「so much in love」は昔から好きな曲だった。

    それは英国女性シンガー、Luluの1stアルバムに収録されていたとてもpopでキャッチーな曲。おそらく耳にすれば、多くの人が知っているに違いない。おのずと知らず知らずのうちにリズムに合わせて指を鳴らしてしまう、あの曲だ。

    その後、Cameo/Parkwayのアーティストのオムニバス盤にThe Tymesの「so much in love」が収録されているのを見つけた。
    聴いてみたら、やはり同じ曲だった。実は全米No.1ヒット曲だった。有名なわけだ。

    tymes (1)

    それがあって、昨年末にLPを見つけた時は、どうしても買って帰りたかったが、予算的にあきらめて今年に回した。おかげで、年末に見かけた時よりも値下げされていて、後回しが報われた(笑)。

    The Tymesが十分に実力のあるグループだと言うのは、このアルバム1枚だけではっきりとわかる。ボーカル・コーラスワーク、共に素晴らしい。同時期のMotownのアーティストでは調子っぱずれなコーラスや音程が不安定なボーカルなどを聞かせるアーティストもいるのだが、そのような心配は全くない。

    素朴で生楽器主体のバックトラックと相まって、今聴いても古さを感じさせないアレンジだ。録音時期からして、どうしてもサウンドには懐かしさが漂うが、とても素朴なサウンドはとっても心地良い。

    アルバムを聴いていて、もう1曲、知ってる曲が流れた。
    誰がカバーしてたっけ?……そうだ、Billy J Kramer with the Dakotasだ。その曲は「The twelfth of never」。調べると、オリジナルは米国人シンガーのJohnny Mathisが57年に発表した曲。

    他にもシングルヒットした「Wonderful wonderful」が収録されている。しかも、「so much in love」のメロディーの口笛から始まる粋なアレンジ。

    tymes (2)


    ところで、このアルバム、夏(の恋)をテーマにしたアルバムで、楽曲の手前に語りが入っていて、最後は「autumn leaves(枯れ葉)」で終わる。ある意味、コンセプトアルバムだ。
    「so much in love」も、語りと海辺のSEから始まるversionで収録されている。

    全体を通して、このアルバムはまさにElvis 入隊後~Beatles上陸前の甘酸っぱいアメリカンサウンドを味わえる作品だと言ってもおかしくない気がするが、僕自身昨年末見かけるまでこのアルバムのことを知らなかったので、本当にそういう位置づけの作品なのかどうか、一般的な評価は知らない。

    けれど、この手のサウンドが苦手でなければ、一度聴いてみる価値があるアルバムだと思う。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR