Rolling Stonesの1stアルバム(2)

    前回の記事で裏ジャケットのみ紹介したオランダ盤を。

    僕の知る限り、ストーンズの1stの中でダントツにカラフルなジャケットデザインなのがオランダ盤だ。

    1001 (17)






    英国オリジナルジャケットではグループ名もタイトルも入っていないシンプルなものだったのに、どうしてこんなカラフルなものにしたのか不思議で仕方がない。

    1001 (20)
    裏ジャケットは逆にシンプルな印象を受ける。

    1001 (22)
    初版のレーベルは、DECCAの上にFFRRの丸いマークがある、このタイプ。

    1001 (24)

    そして、オランダ盤のこのジャケットをそのまま使用して別の国で発売されたものが、上のレーベルの盤。
    ベルギー盤とのことだが、どこにも製造国の表示がない。
    ベネルクス3国は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクだったので、やはりベルギー盤か。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2018/07 | 08
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR