Beatles bootleg recordings 1963

    年の瀬と言うこともあり、急に忙しくなってしまった。
    今年も残すところあと10日程度。しかし、来週は年末ぎりぎりまで出張と言う有様。

    そんな話はさておいて、『Beatles bootleg recordings 1963』がi-Tunesから公式発売されたのは喜ばしい。

    recording1963.jpg
    *i-Tunesページから

    しかし、あの値段設定は何とかならないのか!?非常に悩ましい。
    おかげで今も購入検討中(苦笑)。




    と言うのも、一番聴きたい部分はスタジオアウトテイクの15曲のみ。1曲200円で合計3000円。
    けれども59曲全部を一度に買うと6000円。金額は倍だが+44曲。1曲あたり約100円程度。
    * いや、困ったことに「She loves you」は当時、同じ音源が2度ラジオでかかったのだが、その同一音源の「She loves you」が2つとも含まれているので、実際は58音源の59曲。

    そして、+44曲は基本的にBBCのラジオ音源(2曲のみデモ)。残念ながら音質がひどいものも含まれている。それしか現存しないのでは仕方がないが。

    i-Tunesで全曲試聴すれば、全曲部分的に聴けるので、どれが音質がひどいかはっきりとわかるのはありがたい。

    僕自身はこれら+44曲にあまり思い入れが無いので、買わなくともかまわないレベル。
    けれども、前述のとおり+3000円で43音源(44曲)となると、あきらめて全曲買いにしようか……とも。
    で、結局悩んだまま先に進めずじまい(苦笑)

    ところで僕はi-Tunesから曲を買ったことはこれまで一度も無いので、音源がMP3なのか?あるいはwaveファイルなのか?実のところ知らない。
    どっちなんだろう?


    そう言えば、2ndの『With the Beatles』からのアウトテイクは2曲のみだった。つまり残りの曲については、もうセッションマスターは破棄されて、最終のmonoとstereoのミックスダウンテープしか存在していないと言うことか?

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    はじめまして、いつも興味深く読ませていただいております。
    iTunes Storeで扱っている音源はAACの256kbpsで統一されているので、このアルバムもそうだと思いますよ。

    Re: No title

    peruchoさん、こんばんは、はじめまして。

    > はじめまして、いつも興味深く読ませていただいております。

    どうもありがとうございます。

    > iTunes Storeで扱っている音源はAACの256kbpsで統一されているので、このアルバムもそうだと思いますよ。

    ちょうど音源はAACだと言う情報を別の方からもいただいたところでしたが、そのように統一されているのですね。参考になりました。
    これからもよろしくお願いします。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR