Tommy SDE版のLive音源についての追加情報

    先日、「TommyのSuper Deluxe Edition到着」の記事で、Disc4に収録された69年のliveの最後の部分について、がっかりする点として少し触れた。

    その部分、追加で情報が出たので以下に記す。



    まず、先日のブログではあえて記さなかったのだが、Amazonのレビューに出てしまったのでここでも記しておく。

    録音テープが見つからなかった部分は別の公演に置き換えられたのだが、残念なことに69年のLiveでなく76年のLiveに置き換えられている。
    音を聴く前に知っておくよりも、知らない方が楽しめるだろうと思ったのだが、情報がオープンになった以上、ここでも記しておくこととした。


    次に、その部分(=録音テープが見つからなかった部分)は実はブートで聴くことができると記したのだが、実際にはブートでも「I'm free」に関しては曲の終わりかけ部分からしか収録されておらず。
    テープ交換タイミングにかかってしまったと言う話は本当かもしれない。


    そしてさらに、Amazonのレビューで僕も知ったのだが、「I'm free」を除くラスト2曲はMP3のdown loadにて聴けるようにThe Whoサイドが対応したようだ。URLもレビューに載せてある。
    *そのレビューによると、紛失していたテープが見つかったとのこと…だが、ちょっと怪しい

    僕もDLしたが、ブート『The best of the 1969』収録と同じ公演なのは確かだ。
    なお、DLした音源を聞くと、エンディング部分(本当に最後の最後の部分)を編集してフェードアウト処理させ、逆に歓声をフェードインさせてかぶせてある……これが、僕が怪しく感じる点。
    おそらくブートから音を拾ったのではなかろうか。
    僕の知っている2枚のブートでは、両方ともエンディング部分は演奏を伸ばさずに止めて終えていて、そこで音源自体も途切れている。そのため、この部分を修正した気がする。


    それにしても、この音源をわざわざDLできるようにしたのなら、いっそのこと「I'm free」だけを69年の別公演の音源を当てて、Disc4を作り直して交換してもらえないものか?とさえ思えてしまう。SDE版だけでなくDE版にも対応が必要だから、相当数が対象となり、難しいかもしれないが、「I'm free」の候補となるブートがいくつかある(笑)。


    ところで先日の記事でも書いたが、69年の米国公演は、Pete主導で2トラックレコーダーを使って録音がなされていた。例外はSDE版のライナーにもあるように、イベントの主催者側がテープを回していた場合だ。
    僕は69年録音のブートを聴いて以来ずっと、楽器の分離や歌との音量レベルから「一体どうやって録音したのだろう?」と疑問に思っていたのだった。その謎がPeteの自伝でやっと解けた。

    この土日に当時の録音を使用したブート10枚程度を引っ張り出して聞いていたのだが、いくつかの公演では、そのステレオ録音されたテープが元となったと思われるものもある。
    年内にそれぞれを紹介して行きたいと思っている。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR