There are but four Small Faces 再発盤

    この1週間ほど出張だったのだが、久しぶりに東京近辺と言うこともあり、なんとか時間を作って2箇所ほどレコード屋を回ることができた。

    中でも渋谷のレコファンに行けた(おそらく今年初)ことは、新品LPを買う上で非常に収穫があった。欲しいものがありすぎたが、予算が限られていたため泣く泣く数枚購入のみとした。

    と言いながら、このLPは某DUの店舗で購入したのだが。

    tabfsm (5)
    Small Facesの米国でのデビューアルバム『There are but four Small Faces』の再発盤。


    この再発盤は今年発売されたRecord store day用商品で180gの重量盤。
    使用された音源は昨年発売となったDE版で使用されたもの。

    tabfsm (4)
    *ジャケット裏側

    再生すると、オリジナル米国盤を含む過去のどのLPよりも、よりマスターテープに近いgenerationの音に聞こえる。

    音が新鮮であるだけでなく、低音域の改善が現代的な音傾向に合致し、個人的には非常に好印象を抱いた。
    ただし、ジャケット表の写真の画質はコピーっぽい印象。

    今回は内袋も付属し、片面はライナー(DE版からの転用のような気がするが、確認はしていない)。

    tabfsm (2)

    もう片面は表写真のアウトテイクに、今回のLP制作クレジットが記載されている。

    tabfsm (3)

    それによると、LPのカッティングセッションは2012年の9月28日に行われたとあり、発売までに数ヶ月を要したことになる。

    レーベルもオリジナル米国盤を模したもの。

    tabfsm (1)


    僕は持っていないのであくまで推測なのだが、確か英国Immediateからの1stも2012年あるいは、今年に再発LPが発売されていたと思う。
    あちらも同一プロジェクトにて発売されたものであれば、音質は期待できるように思う。

    少なくとも、今回紹介した『There are but four Small Faces』再発盤はお勧めできる再発盤だ。

    ただし、Record store day用商品なのでプレス枚数は少ないのではなかろうか。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR