Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandのイタリア盤

    先日のイタリア盤『Rubber Soul』のところで少し触れたこともあり、これも紹介しておく。

    『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』(PMCQ31512)
    sgtIT (22)



    このLPはイタリアの初版で、Mono盤だというのにStereo音源をMonoにしてカッティングしてある。先日の『Rubber Soul』同様、がっかりさせられた1枚。

    ジャケットは表裏ともにコーティングがない。

    sgtIT (12)
    *英国製ジャケット(左)とイタリア製ジャケット(右)比較

    最初から本当に無かったのか、あるいは完全に剥がれてしまったのかは不明。
    ジャケットの上下をテープで貼っていた跡があるので、コーティングの剥がれを防止しようといていたのか?とも考えたのだが。

    表面はともかく、裏面の赤色は薄い朱色となっているのが特徴か。

    sgtIT (11)
    *英国製ジャケット(左)とイタリア製ジャケット(右)


    ジャケット内側は折り返しがあり、カットアウトも付属。

    sgtIT (16)


    レーベルは黒のPARLOPHON。

    sgtIT (18)
    *最初の写真でおわかりだが、せっかく撮ったので


    このレコードの唯一面白い点と言えば、「A day in the life」が終わった後に、英国盤ではrun-out grooveに刻まれている逆回転の笑い声がそのまま音溝に刻まれ、それが終わってからrun-out grooveに入るようになっている点。
    つまり、あの不気味な笑い声は「A day in the life」のエンディング扱いとも言える。


    僕はStereo盤を持っていないが、他のタイトル同様に、Stereo盤もほぼ同時に発売されていたのではなかろうか?しかし残念ながら初版のStereo盤を見た記憶があやふやだ。
    その話をここで記しておこう。

    過去に一度だけミラノで中古レコード屋を探して歩き回ったことがある。90年代の後半だ。
    場所は全く覚えていないが、1軒だけ見つかった。川沿いの店だった。
    その店に同じく初版が売られていて、当時の現地価格で値段はほぼ1万円だった。
    相場が全くわからなかった為、他と比較しようと思った。結局買わなかったわけだが。

    レーベルは今回紹介したのと同じ黒で、もしかしたらStereoだったかな?と言うあやふやな記憶がある程度。
    ただ、今回紹介したものよりもコンディションは良かった。
    結局その店ではSmall Facesのシングル等を買った。

    なお、その時のイタリア訪問では、その他に2軒、当時イタリア・ミラノに駐在していた友人が現地人から仕入れた情報を元に教えてくれた店にも行った。けれど、1軒はいくら探しても見つからず、もう1軒は見つかったが、こんなところ絶対に観光客なんてやってこないだろう!と思われるような町だった。
    最初の店と言い、そこと言い、総じて値段は高かった。
    そこではSylvie Vartanのイタリア語盤シングルなどを買って帰った。

    それにしても、レコード屋の主人って、ほぼ万国共通で言葉が通じなくても親切だ。どの棚に何があるのかわからず困っていたら、イタリア語で説明してくれた(笑)。イタリアのような、自分からあまり積極的に働こうとしない国(2回しか行って無いが、そんな印象がある)でも、レコード屋は変わらなかった。


    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR