最近買ったLP/CDなど

    近いうちに紹介しようと思いながら、手付かずのままのLPやCDをいくつか紹介しようと思う。古くは5月ごろに購入したものから、つい最近購入したものまで。

    特にその中でも、これはどうなの?と思えるものがあるので、それについてだけ少し触れる。

    まずCD。と言っても、Elvisの『King Creole』はSACDハイブリッドだ。

    0916.jpg

    この中でどうしても触れておきたいのが『The Dutch woodstock』。


    今回、このDVD/CDセットで、オランダでも米国で開催されたwoodstockのような音楽フェスティバルが1970年にあったことを初めて知った。

    収録内容は次のとおりで、このセットはDVDx1+CDx2枚の3枚組。

    0916 (3)
    *クリックで拡大

    でも、CDの音質は最悪だと言っておこう(DVDはテレビで観たので音質はあんなものか)。
    2枚のCDは、DVDに収録されたアーティストの音源については、映像と同じものを使用。モノラルで、歪っぽく、さらにナローレンジときている。こんなことならCDを付属する価値が無い。僕には無意味。
    DVD1枚の発売でも良かったはず。

    販売価格が2900円未満だから、DVD/CDのセットでこの価格は魅力的と思ったのだが、買った後はぼったくられた気分。DVD1枚を1800円ぐらいで売ってくれたほうが良かった。

    なお、CDにはDVD未収録曲もあり、それらはスタジオ録音のようだが、個人的には収録されていなくても良いレベル。それよりもまるで70年代のブート音源を聴いているような気がするCDは不要ではないか。

    DVDは当時の米英ロック好きなら見ておいても良いかも。
    観客の様子や裸に近いのりはwoodstockと変わらない。たぶん修正なし。



    中古LPからは、これら(他にもあるが、紹介するまでもない)。
    0916 (12)
    面白いもので、Jan and Dean紹介後、Fantastic Baggysの999円CDを探した後、中古屋で偶然そのLP(国内盤)に遭遇。収録曲の違いなどあり、近いうちに単独紹介したい。



    新品LPはこれら。へどろんさんやどうぷさんのブログで見かけて興味が湧いて購入したLPもある。

    0916 (14)
    Dirty Projectorsは初めて知ったグループ。

    0916 (8)
    Manfred mannのSundazedからの再発LPは音質最高だった。

    ElvisのFTDからの『Viva Las Vegas』はHMVに注文して数ヶ月かかって届いた。発売は数年前らしい。
    0916 (4)
    それにしても、FTDの限定プレスLPは高額だ。

    そして、ClashのLPボックスセット。
    0916 (17)
    1stのみ聞き比べし、音質にはかなり好印象を抱いた。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    No title

    こんばんは。
    マンフレッズはホント最高でした。キャロル・キングの45回転盤、ワタシも欲しいですがチト高い(苦笑)。

    エルヴィスのスタックス音源、HDtracksからハイレゾが出てるんですが、これもかなり良い出来でした。恐らく、アナログ盤も同じマスターから製作されていると思われますが音質は如何でしょうか?

    ClashのLP BOX、パッケージが『Sound System』の付属品封入ケースと一緒なんですね。音質良いのかぁ。なんとか手に入れなければ(笑)。

    Re: No title

    どうぷさん、こんばんは。

    > マンフレッズはホント最高でした。キャロル・キングの45回転盤、ワタシも欲しいですがチト高い(苦笑)。

    Manfred mannの再発LPはどうぷさんのブログで知りました。
    Holliesの再発LP以降、Sundazedの再発LPは音質が向上した気がします。
    それ以前のはどれも低域が不足気味でした。

    Tapestryの45回転盤は予想外の音でした。
    てっきり初版の音に近いと思い込んでいましたが、音の傾向は2ndプレスに近いです。
    1stプレスは、カッティングの際にかなり低域を強めたんでしょうね。
    あの音を知ってると、マスターテープに近い音よりも1stプレスに近い傾向の高音質盤が欲しくなります。

    > エルヴィスのスタックス音源、HDtracksからハイレゾが出てるんですが、これもかなり良い出来でした。恐らく、アナログ盤も同じマスターから製作されていると思われますが音質は如何でしょうか?

    At StaxのLPも全く不満の無い高音質でした。曲によってはベースやサックスがびっくりする音ですね。
    音質よりもブックレット無しが「ちょっとなぁ・・・」って感じですけど。

    > ClashのLP BOX、パッケージが『Sound System』の付属品封入ケースと一緒なんですね。

    そう言われて初めて気づきました(笑)。
    今回のLPは、ボックスセット以外にも単品で発売されているようです。

    まだLPは1stしか聴いていませんが、90年代末のremasterを元にした重量盤よりも良い仕上がりですね。

    こんばんは♪

    いやぁ、Dirty Projectorsはホントはレコで欲しかった俺ですけど、なんか最近新品レコ、高いように思えて…♪

    Clashは欲しいですけど多分パス、Tommyは2枚組にライブが付くならば2枚組でしょうか…う〜ん、歳とっても若い頃同様欲しいものが多いっす困った俺です…うふ♪

    Re: こんばんは♪

    へどろんさん、こんばんは。

    > いやぁ、Dirty Projectorsはホントはレコで欲しかった俺ですけど、なんか最近新品レコ、高いように思えて…♪

    確かに、安くなかったと思います。
    でも、どうせ買うなら、僕の場合CDだとLPよりも聴く回数が確実に半減するので、あえてLPにしてみました。なかなか面白いサウンドでした。紹介ありがとうございます。

    > う〜ん、歳とっても若い頃同様欲しいものが多いっす困った俺です…うふ♪

    僕も同感です。
    でも、やはり10代20代の頃は、今ほどには買ってなかったですね。
    なにせ、収入が……。

    今だとネットで見れたり聴けたりするから、出費せずとも楽しめる気もします。
    その反面、なけなしのお金をはたいて買ったLPを擦り切れるほど聴くことも無いだろうから、体験としては恵まれていない気もしますね。



    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR