Shout! The Dave Clark Five like never before

    出張の間に、注文していたこのCDが届いていた。

    先日「Having a wild weekend」のPoposukeさんが紹介していたDC5の正体不明のCD。
    『Shout! The Dave Clark Five like never before』

    dc5cd (5)

    聴いて、音質の良さに驚いてしまった。





    これはおそらく、当時のセッションマスターのマルチトラックテープを使って新たに今回のCD用にミックスダウンされたものだろう。

    ここで使用された音源は、僕の推測だが、グループの関係者(もしかしたら、Dave Clark以外のメンバー)が所有していたマスターテープが使われたのではなかろうか。

    収録トラックは21曲。21曲目は20曲目のスタジオアウトテイク。

    全曲true stereo mixであるだけでなく、全ての音源は初めて聴くremixばかり。
    CDジャケット裏面の曲目のところに、Alternate Versionとわざわざ記したものもあるが、それらについては、ボーカルが最終テイクでない別バージョンやダビング前のマルチトラック音源を使用しているように思う。当時にステレオミックスが作成されていた場合、ここまで低音(ベース)が大きくは聞こえないだろう。

    dc5cd (7)

    CD付属のインナーは、写真のみで文字が無い。つまり、CD裏面の情報以外、何もクレジットが無い。

    ここに収録された音源に対して、個人的な不満を述べるなら、多くの曲のミックスで、あまりにもボーカルが大きくミックスされている点。
    おかげで、バンドサウンドと言うよりも、ボーカルとバックバンドっぽく聴こえる。

    但し、それは意図して行われた気がする。
    全体的にDrumsの音量が小さいのだ。つまり(DC5ファンの人は十分ご存知だが)、あまりに目立ちたがりのリーダーの音量を敢えて小さくし、ボーカルやベースあるいは、曲によっては別の楽器を目立たせるミキシングが行われている。表ジャケットでもボーカルのMike Smithが目立つようになっているし。
    *4トラック録音の曲などは、一つのトラックに複数の楽器や声が録音されている場合には、それらは同時に目立つ結果となっている。

    dc5cd.jpg


    Poposukeさんが予想していた通り、このCDは、DC5の音源を管理しているDave Clarkの承認を受けたものではなさそうだ。

    けれども、使用音源は全て初出で既存音源を使用していないことと、収録曲にはDave Clarkが作詞作曲で関っていない曲をあえて選んでいることから発売できたのではなかろうか。
    *注:オリジナルLPでは、作者クレジットにDave Clarkの名前があった曲も含まれているが、このCDでは正しい作者に修正されているみたいだ。

    dc5cd (9)


    収録曲のうち、DC5の代表曲と呼べる曲が少ないことや、前述のとおり、既出音源ではないため、マニア向けな内容なのは確かだ。Beatlesで例えたら[Anthology2]や[Anthology3]みたいなものだ、

    マニアには、DC5のバージョンの「Shout!」が聴けることも含め、一聴の価値はあると思う。

    オリジナルLPのように、その後も継続して聴くかどうかはわからないが。



    関連記事
    スポンサーサイト

    コメント

    Secret

    No title

    JDさん おはようございます

    このCDはどうやら販売中止になったようですね。
    既にAmazonやHMVではこのCDの存在が無かったことになっています。
    販売差し止め前に入手されたJDさんは流石だと思います(笑)

    >ここで使用された音源は、グループの関係者が所有していたマスターテープが使われたのではなかろうか。

    たぶん、これは問題ありなのでしょうね。
    それと作者クレジットの件はもっと問題ありですね(笑)
    ドラムの音量やジャケットも含めてですが、社長さんへの悪意が多いCDなので、販売差し止めも仕方ないでしょう。

    それにしても、発売からひと月ほどでCDが市場から消えてしまうとは凄いことです。
    仕事の出来る社長さんはやっぱり違いますね(笑)

    Re: No title

    POPOSUKEさん、こんばんは。

    まさか!の情報、どうもありがとうございます。
    そんなことになるなんて全く想像していませんでした。

    > それと作者クレジットの件はもっと問題ありですね(笑)
    > ドラムの音量やジャケットも含めてですが、社長さんへの悪意が多いCDなので、販売差し止めも仕方ないでしょう。

    発売側からすると、別に悪意があったのでなく、これまで陽の目を見なかった部分にスポットを当てただけのような気がします。「Because」の作者はご自身のHPで自作曲として弾き語り版を紹介してましたね。それもあってか、クレジットは修正されただけのようにも思えます。
    けれども、社長さんからすると、昔の取り決めと違う!と思われたかもしれません。

    > それにしても、発売からひと月ほどでCDが市場から消えてしまうとは凄いことです。
    > 仕事の出来る社長さんはやっぱり違いますね(笑)

    同じくらいの熱心さで過去のカタログを一気に再発してもらいたいですね。
    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR