FC2ブログ

    Beatlesの1stアルバム(11)Please Please Me 北欧諸国

    僕は北欧でのBeatlesのレコードの製造状況についてはよくわかっていない。
    それでも、ノルゥェー盤、スェーデン盤、デンマーク盤はいくつかのタイトルを持っている。再発でなく60年代プレスの話だ。

    そして、英国、豪州以外の唯一のゴールドParlophoneレーベル盤として持っているのがこのレコードだ。
    100919 (41)
    実のところ、どの国の製造かわからない。
    レーベルには溝がある。
    デザインは英国ゴールドと微妙に異なっている。

    100919gold.jpg
    * 参考として、こちらが英国ゴールド。

    僕のオーディオで聴く限り、音質的には英国ゴールドの方が良いと思う。
    ただし、希少性ではこちらのほうが珍しいかもしれない。

    今回、ジャケットは掲載しないつもりだったが、やはり載せておく。
    ppm3rdJ1.jpg
    英国でのいわゆる4thプレス用と同じものを輸入した英国製ジャケットだ。
    ppm3rdJ2.jpg

    次回に英国モノラル盤の記事をアップする予定なので、それも参考にしてもらいたい。

    ストーンズの1stはいつになるのやら…。
    関連記事
    スポンサーサイト



    コメント

    Secret

    オーストラリア盤gold parlophoneとの比較

    この北欧のgoldとオーストラリアのgoldと音質はどちらが良いでしょうか。もちろん、オーディオ等の環境により一概に比較は出来ないと思いますが、参考までにご意見いただきたく。

    Re: オーストラリア盤gold parlophoneとの比較

    takapodaさん、こんばんは。

    過去に比較したこともないのであくまで記憶と印象に頼った返事になりますが、北欧盤の方が良いかもしれません。
    でも基本はほぼほぼ似たり寄ったりではないかな、と。
    いずれも原盤は英国製なんですけどね。

    いつか時間が空いて、両者を棚から見つけ出せたら比較してみたいと思います。

    Re: オーストラリア盤gold parlophoneとの比較

    ありがとうございました。
    比較する機会がございましたら、またお教えください。
    でも結局、UKのGOLDが一番なんでしょうね。

    Re: Re: オーストラリア盤gold parlophoneとの比較

    takapodaさん、こんばんは。

    > 比較する機会がございましたら、またお教えください。

    はい、その際には記事扱いで取り上げたいと思います。

    > でも結局、UKのGOLDが一番なんでしょうね。

    同感です。

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR