I think we’re alone now with  Tommy James and the shondells

    残念ながら僕が日常の仕事で接する人の中には誰一人として、僕と同じぐらいに60年代を中心とする英米rockを愛する人、あるいは詳しい人はいない。そのため、Tommy James and the shondellsのことを知っている人なんて0人だと言うことは明白だ。

    しかし、Tommy James and the shondellsを知らなくとも、彼らの曲を80年代以降のアーティストがカバーしたバージョンを知っているかもしれない。

    これはTommy James and the shondellsが1967年に発表した3rdアルバム。
    『I think we're alone now with Tommy James and the shondells』(Roulette R25353/SR25353)

    TJ3rd.jpg



    最も有名なカバーは80年代にTiffanyが世界的に大ヒット(数カ国でNo.1ヒット)させた「I think we're alone now」かもしれない。
    TJ3rd (11)

    他にも「Mony mony」や「Crimson and clover」など、彼らのカバーが80年代は大ヒットしている。けれども実は彼ら自らが60年代に数多くのヒットを飛ばしている。にも関らず、Beach boysやByrdsは知っていても彼らを知らない音楽ファンもいることから、これまでまともなreissueがなされてこなかったことが残念でならない。


    『I think we're alone now with Tommy James and the shondells』は、全米4位のヒットとなったタイトル曲「I think we're alone now」(67/2発売)を収録しているのが最も目を引くのかもしれない。

    TJ3rd (2)
    *こちらはMono盤

    しかし、このアルバムには曲の構成・アレンジでは確実に「I think we're alone now」からの成長を伺わせる次のシングル(67/4発売)「Mirage」/「Run, run, baby, run」(B面曲だがこちらが良い!)を含んでいるし、さらにその次のシングル(67/6)となった「I like the way」や、そのB面となった「(Baby,baby)I can't take it no more」を含んでいて、これらの曲がアルバムの価値を高めているように思える。

    特に「(Baby,baby)I can't take it no more」は何故B面にしたのか理解に苦しむほどに素晴らしい。(「Run, run, baby, run」もだが……。)

    当時としては洗練されすぎたアレンジで、まるで後のブラック‐コンテンポラリー(ブラコン)に対するホワ‐コン?とでも言えるような都会的なソウルミュージック風サウンドに驚かされる(はず)。

    音質がひどいことが大きなマイナス要因だが、この曲が、バブルガムミュージックだけでない後の彼らの方向性や個性の一つとなり、名曲「Crystal blue persuasion」や「Sweet cherry wine」などにつながっていく。A-4の「Baby let me down」も同じ系統の曲と言えよう。

    それ以外にも、当時の彼らのトレードマークとも言えるバブルガム風のメロディアスでポップな楽曲(A-2,A-5)やハイテンポなダンスナンバーB-3、陽気なB-5など、初期の彼らの集大成的なアルバムと言えるかもしれない。

    B-6の「Shout」は何故かTommy Jamesはリードボーカルでなく、コーラスと言うか掛け声で参加している(笑)。

    TJ3rd (4)
    *ジャケット裏はstereo/mono共通


    このLPの最大の欠点はあまりにも音質が良くない点にある。StereoもMonoも駄目だ。

    Stereo盤だとA-1の「I think we're alone now」だけは擬似ステレオ。この曲にはtrue stereoミックスは存在しない。

    TJ3rd (5)
    *stereoレーベル

    Mono盤は、A-6とB-1はアルバムMonoバージョン。シングル盤(Mono)では追加のコーラスが加えられていた。

    TJ3rd (8)
    *monoレーベル


    また、このアルバムは何故か後にジャケットが差し替えされている。中古屋で見かける比率は僕の場合五分五分くらい。
    今回はそちらが見つからなかったので、初期ジャケットのみを紹介。


    関連記事
    • Mony mony
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR