I never loved a man the way I love you / Aretha Franklin

    Atlantic soulが好きな人はたいていAretha Franklinが好きなのではないのかなと思っている。僕もその一人なので。

    特に初期のアルバム類はとても好きだった。その中でも、ヒット曲「Respect」を含むAtlanticでの1stにあたる『I never loved a man the way I love you(atlantic8139)』は特に好きな1枚だ。

    AF (1)
    *左Mono/右Stereo


    このアルバムを米国盤LPで聴くのなら、StereoでなくMonoがお勧めだ。
    その理由は、Stereo盤のカッティングレベルが低くS/N比の点で不利だと言うこと、そして、Monoミックスのほうが全体のミキシングバランスが良い気がするからだ。

    AF (4)
    *Stereo

    ただ、逆にMono盤のカッティングレベルはやや高めかもしれない。これら2枚を続けて聴くと、音量差に驚く。

    AF (3)
    *左Mono/右Stereo

    そう言えば、90年代にRhino社から登場したremaster CDはMono mixを採用していたのではなかったろうか……はっきり記憶していないが。

    1967年3月に登場したこのアルバム、今聴くとサウンドはいかにも60年代的で独特の質感がある。仮にAretha Franklinのボーカルが無かったとしてもかなりしっかりしたサウンドなのだが、それぐらいでないとAretha Franklinのボーカルを支えられないのだろう。

    Aretha Franklinのボーカルは、物凄くパワーがあるだけでなく、ソフトにしっとり聴かせるのも上手で、本当にうまいなぁと思ってしまう。そして曲によっては、そこに掛け合いのコーラス、あるいはボーカルに呼応するホーンセクションなども良い感じに入ってくる。

    Mono盤を聴いていると、当時のRockのレコードよりもずっと低重心でヘビーなサウンドに聴こえる。当時のRock界への影響も相当あるのかなと思える。それは録音時の音作りやボーカルスタイルに対するものだが。

    AF (6)
    *Mono

    A-1の「Respect」のアレンジはOtis Reddingのオリジナルとは随分違う。
    ハイテンポ、ハイトーンで歌い、しっかりと自分の曲にしてしまっている。格好良い。



    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今日本では7インチ「シングル」盤のことを誤って「EP」と表示するような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「EP」は「シングル(=片面1曲、両面で2曲収録)」よりも曲数を多く収録する(標準は4曲、3曲や5曲や6曲の場合もあり)意味のExtended Playingの略。どうかシングル盤とEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    03 | 2018/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR