Beatles Stereo LPボックス 音質評価 Past Masters その3

    『Past Masters』のSide3は、最初は収録時間が長すぎると思えた。
    しかし実際にある程度大きな音量で聴くと、他の面より音質が劣るとは思わなかった。

    00beatpast2 (29)

    この面も全体を通して、それほど違和感のある音ではない。そして、例のEQ操作も気になったのはC-8ぐらい。

    他の曲については、これまでのLPと比較すると、(再生音量によるが)これまで耳についた声やギターの高域が抑えられたことに気づくが、これだけ聴いている上では全く気にならなかった。
    *そういう意味では、今回のリマスターLP用のEQ操作は65年以降の録音のみに施してもらいたかった。

    それよりも、C-2の終わりのフェードアウト部分でマスターテープの経年変化による痛みが気になった。

    いくつか過去のLPと比較した曲があるので、少しだけ記しておく。


    C-1は、左右同時にギターが出てくる『Oldies』収録ミックス。ギターの音が微妙に艶を失っているように聴こえる。

    C-2は英国赤盤と比較したが、前述のように終わり部分の音質劣化は気になったものの、リマスターLPのほうが(これまで書いている通り)1世代マスターが若くなったような音。
    しかし、個人的には赤盤に軍配を上げる。理由は「I wanna hold your hand」で書いた通り。
    00beatpast2 (12)

    C-3は良い仕上がりではなかろうか。

    C-4は、上述のごとく、これまで耳についた声やギターの高域が抑えられたのがわかりやすい。でも許容範囲だろう。

    C-5、C-6も良い仕上がりだと思った。

    C-7は高域が抑えられスタジオの空気感が後退したような気もするが、過去の盤よりも明らかに音質向上していると思えた。
    米国盤『Beatles again(Hey Jude)』や米国青盤、英国青盤、英国盤Bealtes box、初CDマスター時の青盤などと比較した。
    00beatpast2 (1)
    *米国青盤は最も音質が良くなかった。

    今回のリマスターLPは、初CDマスター時の青盤とも音が違っている。初CDマスター時の青盤は、従来音源をただデジタル変換しただけのような音。
    00beatpast2 (6)

    今回のは、中低域を膨らませ高域にEQを施した音で、これまでのアナログ盤の音とは違う。

    そういう意味では、アナログマスターを192Khz/24bitでデジタル変換した本当にフラットトランスファーな音とリリース盤、つまりUSBメモリー、CD、リマスターLPなどとどの程度同じなのか、あるいは積極的に音作りを施したのかどちらなのだろう?と興味が湧いた。

    リマスターLP以外の中でベストを選ぶなら僕の場合は英国青盤(マト1/3/3/1)。
    00beatpast2 (4)

    後期プレスのマト6/6/6/3も聴いたが、それは明るめの音になっている。
    その他、米国盤『Beatles again』は音が硬いし低域が沈み込むほどまでは記録されていないように思えた。
    英国盤や豪州盤の『Hey Jude』は見当たらず比較していない。

    C-8はイントロのギターやドラム、さらには歌にまでEQ操作が伺え、その部分だけ曇った音になっているように思える。これは感心しなかった。
    こういう結果の曲も混じっているので、今回のLPは手放しで喜べない。


    ところで今回写真を載せたのは、前の記事を読み返し、文字だけだとつらいなと思ったため。
    前は、写真を載せる時間的な余裕もなかった。

    これは、英国盤『Past Masters』の後期プレス。
    00beatpast2 (26)
    レーベル面にくぼみがある。オランダプレスか?



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR