Beatles Stereo LPボックスの登場!

    既にご存知だろうと思うが、先日記したremaster音源を使用したBeatlesのStereo盤LP登場が確定し、ボックスセットの予約が各国で始まった。

    EMIのBeatles公式サイトに国内盤仕様(輸入盤+日本語解説らしい)紹介があり、そこに詳しく情報が掲載されている。ボックスセット以外にも、単体でのアルバム発売もある。
    http://www.emimusic.jp/beatles/special/2012_analog.htm
    *残念ながら?アルバム『Help』と『Rubber Soul』はオリジナルミックスでなく、2009remaster CDと同じく、1986年のremix版だ。

    プレスは欧州と米国の2箇所で行われ、商品も欧州プレスと米国プレスの2種類が登場するようだ。
    全世界5万セット限定とのことだが、2種類のプレスの合計で5万セットなのだろうか?

    ボックスセットは、重量が10Kgを超えるらしく、海外から購入するとどれくらいの送料になるのか想像がつかないため、僕は結局、日本のAmazonで米国プレスのボックスを予約した。
    HMVでは9/29時点で国内仕様盤しか予約できなかった。
    某DUでは、米国プレス、欧州プレスの両方とも扱うようだ。



    話は変わるが、その昔(1983年か1984年だったと思うが)、BeatlesのMFSLのボックスセットが輸入盤屋に並んだ際、親に借金してでも買おうかどうしようか悩んで結局買わなかった(買えなかった)。
    残念ながら当時の新品の価格をはっきりと記憶しておらず。6~8万円ぐらいだったかな?
    *追記:当時の円/US$レートを見ると、だいたい235~250円/$だった。もしかしたら、8~9万円だったかもしれない。

    その後社会人になり、中古市場でプレミアがついて相場が20万円近くなった頃に購入したのだが、それ以降、何故か人気がガタ落ちし現在は12万円前後ぐらいに落ち着いている。
    購入のタイミングを逃すと本当にひどい目に遭う。


    関連記事

    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。僕は1970年代のオーディオ全盛期の最後に属する世代で、ペアマイク持参で生録に挑戦した世代。国内盤LPが高価だったので輸入盤を買っていた、そういう中高生時代を過ごした。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR