FC2ブログ

    Vol.2/The Kinks 仏国2ndアルバム

    Kinksも長いこと取り上げていなかった。特にLPに関しては。
    そこで、先日久しぶりに引っ張り出してきたこれを紹介する。

    kinks2F (1)
    The Kinks Vol.2(VPV76020 30) フランスでの2ndアルバム。


    表ジャケットは、英国盤のジャケット写真を使いながらも独自のデザインを施してある。

    kinks2F (4)

    ちなみに、これがフランスでの1st紹介の記事。
    僕のブログの最初の記事だった。

    フランスでの1stは、「All day and all of the night」を収録しており、英国本国とは違った選曲となっていた。

    そして、この2ndも見かけは「Kinda Kinks(英国1965年3月発売)」っぽいが、選曲が異なっている。

    これは「Everybody’s gonna be happy(これも英国1965年3月発売)」で始まり、英国でのデビューシングルA面、全く売れなくて今では信じられない値段で取引される英国2ndシングルの両面曲、その他にEP曲や「Kinda Kinks」収録曲、そして「Everybody’s gonna be happy」のB面曲などで構成されている。
    kinks2F (10)

    おさらいだが、メキシコでのデビューLPでは「Kinda Kinks」の米国ジャケットを流用していた。

    西ドイツでのデビュー盤では「Kinda Kinks」のアウトテイクと言うか、米国「Kinks-Size」のジャケット写真を使用した別デザインジャケットだった。
    * ちなみに、西ドイツにも英国1stアルバム「Kinks」がVogue配給で発売されていた模様と最近知った。

    フランスでは、裏ジャケットも含めて英国の「Kinda Kinks」っぽいにもかかわらず、完全な独自路線となっていたわけだ。

    kinks2F (7)

    ジャケット表はコーティングされ、裏は3箇所二箇所に折り返しがある。
    *折り返しは上下のみだった

    レーベルは、フランスでの1stと同様、disques Vogue。
    kinks2F (16)


    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 洋楽ロック
    ジャンル : 音楽

    コメント

    Secret

    プロフィール

    JD

    Author:JD
    自分の感覚としては(昔の?)ラジオDJのネット版のようなもののつもり。今、世界で日本だけが7インチ「シングルSingle」盤のことを誤って「EP」と呼ぶような有様となり、言葉の不理解と誤用の蔓延に落胆している。「シングル」は片面1曲、両面で2曲収録。「EP」はシングルよりも曲数を多く収録する(標準は4曲)"Extended Play"の略。両者は別の仕様だ。どうかSingleとEPとを正しく使い分けて欲しい。

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カレンダー
    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR